Pocket

2018年のオークスは断然1番人気のアーモンドアイが桜花賞に引き続き圧巻の走りで、勝利しました。これで2冠目。ジェンティルドンナ以来の3冠牝馬誕生なるか、注目です。

《各馬のレース回顧》

1着 アーモンドアイ
驚いたのは、道中の位置取りでしょう。もっと後方に構えるのかと思っていましたが、中段前目につけました。距離不安がささやかれた本馬は、普通ならそれを恐れて後ろでスタミナを温存する策に出るところだと思いますが、ここは名手ルメール、思い切った策に出ました。大阪杯でスワーヴリチャードに騎乗したデムーロにも同じことが言えますが、こういった大きな舞台で、馬の力を信じきってかつ勇気をもってレースに臨んでいることがヒシヒシと伝わってきます。
そして、前目につけたからといって直線に入って末脚が鈍ることもなく、飛ぶような走りで圧勝、感動すら覚えました。あがり3ハロン33秒2はまたしてもぶっちぎりの1位でした。
この牝馬戦線において完全に主役の座についたレースでした。

2着 リリーノーブル
最内枠に入ってスタートを決め、まさに思い通りの展開で2着に飛び込みました。3番手につける展開は、おそらくラッキーライラックがやりたかった競馬。それを川田騎手もわかっていてラッキーライラックより前に位置取ったのではないかと思います。個人的に恐れていた、かかるのではないかという不安も全く問題ありませんでした。
そしてその結果、位置取りが功を奏して初めてラッキーライラックより先着を果たしました。元々能力が高かった馬で展開がハマればこれぐらいはできるということを見せつけた内容となりました。

3着 ラッキーライラック
アーモンドアイとリリーノーブル、2頭のやや奇襲とも言える戦略に屈する形となりました。スタートしてから行きたかった位置にはリリーノーブル、そして自身のすぐ後ろにはアーモンドアイがいるという展開。あの末脚をもった馬がすぐそこにいるというのはかなりのプレッシャーがあったと思います。話が違うぞ、という感じだったでしょう。また、ややかかり気味になってスタミナを使ってしまった部分もありました。直線はこの馬なりにきっちり伸びていますが、やはり道中の位置どりが全てだったという3着に終わりました。絶対的な能力は間違いなく高いので秋以降の巻き返しに期待したいです。

◎ 6着サトノワルキューレ
スタートはこの馬にしてはうまくきれて、デムーロも後ろでは届かないと思ったのでしょう、普段より前に位置しました。アーモンドアイをマークするような形をとったのかもしれません。2400mを経験しているとはいえ外を回らされる展開になってしまったのは痛かったところではあります。コンディション面でも思い切った追い切りができていなかったのは事実。それでも結果としてこの差は負けすぎで、デムーロも途中で追うのをやめてしまうほど手ごたえがなかったのでしょう。5着まですべて桜花賞組という点から、純粋にフローラSと桜花賞でレースレベルに差があったのだと思います。それに気づけなかったのが今回の私の1番の反省。まだまだレースの比較ができるレベルにないのが実情です。

△ 13着 カンタービレ
先行はしてくれましたが、いいところはなく直線失速。この馬はフラワーカップから直行でしたが、プラス10キロの馬体重は成長分ではなく、ただの太め残りだったのだと思います。まだまだ成長できる馬だと思うのでこれからに期待したいです。

△ 7着 パイオニアバイオ
14着 トーホウアルテミス
この2頭はスタートしてからの位置取りがすべて。どちらも行き足が全くつかず後ろにいってしまいました。先行してスタミナを生かしての粘り込みに期待していたので、あの位置にいった時点でおわりという感じでしたね。今回のレースに関しては2頭とも度外視して良いと思います。次走人気が落ちるようなら狙っていくべきです。

こういったことは仕方のないことなので、悲観せず両馬とも成長力のある血統だと思うのでがんばってほしいです。

《反省》

今回のオークスは

人気馬(1〜3人気)2頭 + 単勝オッズ10倍代の馬

という決着になりました。
これは、前に書いた記事 (オークス2018 オッズから見る馬券戦略) で述べたとおりの結果です。

単勝オッズ10倍代の馬はリリーノーブルただ一頭。ということは、人気馬のなかでもアーモンドアイとラッキーライラックを評価していた方は、この傾向に従えば3連複1点でとれたことになります。

この戦略を述べておきながら私の買った馬券にリリーノーブルの名はありませんでした…
正直後悔しております…
が、こういうことがあるのが競馬ですので割り切っていきたいと思います。

Pocket