Pocket

 

セントウルS レース回顧

先週のセントウルS、対抗○の14ファインニードルが貫録の1着。

そして▲13グレイトチャーターが7人気3着。秋に調子を上げる馬で、道悪も得意。母父にもつストームキャット系も好走を後押ししました。

秋に走ることから次走も注目です。

 

この馬を推せたことは良かったですが、本命9ネロは6着。

テンの遅さがカギとなるこの馬にとって恵みの雨となったのは事実。しかし、2着馬ラブカンプーのロケットスタートによってテンが速くなってしまったのは完全な誤算。

あの瞬間にネロの負けは決まったようなものとも言えます。

 

そして次走注目馬として挙げておきたいのがラインスピリット

京成杯AHの予想でも書きましたが、この馬の激走条件は夏を超えた秋に馬体重がドンっと増えたとき

そのため今回は馬体重に注目していましたが、前走比+2kg

まだ狙い目となる1戦ではなかったようです。次の出走レースで馬体重が+二桁となれば思いきって狙いたい馬です。

 

スポンサーリンク

京成杯AH レース回顧

京成杯AHは◎10ミッキーグローリーが1着。格上挑戦でこそ活きるディープの血ということで本命に挙げましたが、それを体現してくれました。

あの走りっぷりならさらに格上の馬相手にも通用するはず。こういった良血馬は強い相手でこそ真価を発揮します。

 

3着ロジクライはこれぞハーツクライ産駒というレースぶり。人気薄で好走、人気になると着順を落とすというこの産駒の特徴を見事に引き継いだような形。

人気を落とした時こそ狙いたい馬です。

 

 

ローズS

今週は秋華賞の前哨戦2戦目、ローズS。

珍しくオークスの上位馬不在となる今回のレース。

出走予定18頭中10頭がディープ産駒と、ディープの運動会になりそうですが、そんな中で秋華賞に向けて名乗りを挙げる馬は出てくるのでしょうか。

 

そんなローズSの現時点での本命候補は◯◯◯◯

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

アーモンドアイ、ラッキーライラック、リリーノーブルといった主役不在の前哨戦。

そんな中行われた先週の紫苑Sで、オークス出走馬や春の重賞好走馬>夏の上り馬 という構図が明らかに。

元来オークスとの関連性の高いこのレースにおいて、この馬は外せないというのが実状でしょう。

そのオークスでも位置取りも厳しく最後も追っておらずの敗戦で、着順よりもう少し上の実力を持った馬であります。

Pocket