Pocket

稍重の馬場で行われた2018年のヴィクトリアマイルは去年の3着馬ジュールポレールが制覇!リスグラシューの追撃をハナ差で凌ぎました。3着にはレッドアヴァンセが入りました。

《レース展開》
スタートしてから予想通りカワキタエンカが逃げる展開。番手にリエノテソーロ、そのあとにレーヌミノル、アエロリットが続きました。アエロリットはNHKマイル以降、マイル以上の距離を使われていたためか、普段より出足が少し鈍くなった形
そしてこのあとに続いたのが3着レッドアヴァンセ、これは枠を生かしたファインプレー。また、勝ったジュールポレールは道中中段、2着リスグラシューはいつもどおり後方に構える展開となりました。結局この差が最後ギリギリのところで届かなかった形となりました。
直線に入るとまず、アエロリットレッドアヴァンセが競合いながら抜け出す形。そこに強襲してきたのがジュールポレール、外めに持ち出して前に他馬のいない進路を素晴らしい足で差しきりました。リスグラシューも抜群の脚で追い込んできましたが、最後はギリギリ届かず。2着に終わりました。

《各馬の回顧》

稍重ながらも時計はそこまでかからず、この点が時計のかかる馬場を得意とするレーヌミノルアドマイヤリードなどには厳しかったところか。

1着ジュールポレールは、前走をみてもこんなに走ると思っていなかったというのが正直なところ。去年は展開の利もあって3着かという評価で今年はどうかと思っていましたが、去年と今年で大きくちがうのは、去年は条件戦からあがりたてでヴィクトリアマイルメイチという仕上げではなかったのに対し、今回はこのレースに向けて仕上げてきたという点。去年より万全の状態での参戦でした。そして今年も結局は、雨で軽めの稍重という馬場も味方してくれた印象です。直線はこれぞディープ牝馬という切れ味、さらに最後の激戦を制したのは勝負根性の賜物。素晴らしい走りでした。

2着リスグラシューは、道中は後方から構えるいつもどおりの展開で折り合いも問題ありませんでした。直線では、その位置は厳しいだろうというところから上がり最速の抜群の末脚で追い込みジュールポレールにハナ差まで迫りましたが、惜しくも悲願ならず。これで、GI4度目の2着。やはり毎回走りはするのですが詰めが甘くなってしまうのがこの馬。実はハーツクライ産駒は大きなレースでは1着率より2着率が圧倒的に高いのが特徴。それも今回のように1番人気を背負ってというのが多いのです。今年の天皇賞・春のシュヴァルグランも1番人気2着、また去年まで活躍していたヌーヴォレコルトも1番人気のときに2着ばかりとっていました。このハーツクライのある意味悪い特徴を現在のところ受け継いでしまっているのが本馬。今後なんとかGIを取ってほしい!ハーツクライ産駒の覚醒を待ちましょう!

3着レッドアヴァンセは、枠を生かして前目の位置につける展開。これが見事に功をそうして3着に粘りこみました。最近では前目の位置につけるレースが多かったですが、今回はGIとあって少し下げた位置になるのではないかと思っていました。これは北村騎手のナイス騎乗といっていいでしょう。もう少しで勝てたというレースでした。これで母エリモピクシーの馬が2週連続のGI3着。今後も東京マイルでは注目です。

4着、本命のアエロリットはスタートしてから少し出足が鈍かった印象。これは近走1800m以上を使われていたのが原因と考えられますが、もっとスムーズに出れていれば最後はもう少し勝負になっていたでしょう。この馬にとってそれより痛かったのは、昼すぎから降り出した雨。稍重になってしまったこの馬場では厳しかったか。これで稍重、重馬場は3戦して全部馬券外。それでも4着は、苦手な馬場なりにがんばっており、これが良馬場なら勝ち負けだったでしょう。

対抗で指名したデンコウアンジュは、道中リスグラシューの前につける展開。ここまでは何の問題もないように見えましたが、直線は手応えもなく伸びず。得意の東京マイルでこの凡走は原因ははっきりわかりませんが、おそらく長い休養を挟まず使ってきた蓄積疲労みたいなものがあったのではないかと思います。

《反省》
雨がいつ降り始めるかがなかなか読めなかったのが予想を難しくさせたひとつの要因でありました。1〜3着は、これぐらいの馬場がちょうどいいという馬が入ってきた印象。
馬券は外れましたが、注目していたレッドアヴァンセが3着に入ってくれたのでなんとなく満足しています。

応援よろしくお願いします!

中央競馬ランキングへ

Pocket