Pocket

 

札幌記念

回顧

札幌記念はサングレーザーの優勝。進路がなかなか空かなかったことがかえって最後の爆発的な末脚につながった形。

直線スムーズに競馬ができていればもっと楽に勝てたようにも見えました。

ただそれは2、3着馬にも同じことがいえるので過大評価のしすぎには注意が必要です。

 

マカヒキは昨年のジャパンカップ以来の出走。昨年はある程度の着までは来ても3歳時の圧倒的な強さを示すまではいかず。

長い休養を経て迎えた今回、大外をぶん回して2着まで来れたのは大きな収穫でしょう。

内がかなりごちゃついていた分、外を回したのが功を奏したようにも見えました。

何はともあれこのスーパーGIIでこれだけの走りができたのはマカヒキ復活を印象づけました。

クラシックで活躍したディープ牡馬は古馬になって活躍できないというレッテルをこの馬に剝がしてほしいところ。

 

1、2着馬の2頭が最後少し脚が上がったのに対し、モズカッチャン脚を余していたような印象。

もっとも強い競馬をしたのは間違いなくこの馬です。

最後方からでもあれだけの競馬ができることを示したのは秋の戴冠取りへ視界良好といったところでしょう。

 

スポンサーリンク

次走注目馬

今年の札幌記念は馬群のごちゃつきがすごく、不利を受けた馬が多かったです。

そのうちの2頭は本命と☆に推したミッキースワローネオリアリズム。4角で他馬とぶつかる明らかな不利を受けたため今回は度外視でいいでしょう。

特にミッキースワローは騎手の動きをみてもここは叩き台で軽く流すような形でしたので次走確実にメイチでくるはずです。

 

もう1頭、注目馬をあげるとすればスティッフェリオ

この馬も他馬とぶつかりながら、そしてあのハイペースで前目につけながら5着に粘り込み、一線級の中でもやれることを証明しました。

回りでパワーのいるコースや、中山2200mで今後狙ってみたい馬です。

 

 

キーンランドカップ

今年のキーンランドカップ、予想1番人気はナックビーナス

近走善戦どまりのこの馬が日本人騎手→外国人騎手への乗り替わりでどんなレースを見せるのかは見どころ。

そのほか条件戦あがりのダノンスマッシュ、京王杯スプリングCの勝ち馬ムーンクエイクなどこれから飛躍を目指す馬が多い印象。

 

そんな中で本命候補は○○○○

→ 人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

これまで距離短縮で臨んだ一戦で何度も好走をしてきたこの馬。その背景には元々のスプリント適性に加えて、かかり癖も関係しているのだと考えます。

長めの距離で脚を溜めることを経験して、距離短縮で力発揮がこの馬のパターン。

その「前走からの距離短縮」で迎える今回は、叩き台とはいえ好走する確率は高いでしょう。

Pocket