Pocket

 

天皇賞(秋)は、◎スワーヴリチャードの出遅れで即終了。

○サングレーザー、▲レイデオロ、☆キセキと馬券内の馬はすべて推していただけにかなりくやしい結果となりました。

やはりどれだけこの馬は堅いと思っていても競馬に絶対はないですね。

ただ、特に人気馬を本命にする場合は、この馬で大丈夫と思っていないと無駄な馬券を量産するだけなのでそこはブレずにやっていきたいと思います。

 

今週行われるアルゼンチン共和国杯。東京2500mというと、2400mより距離が100m長いだけですが求められる適性は大きく異なる舞台。

トニービンの血が一つのポイントになりそうです。

 

スポンサーリンク

アルゼンチン共和国杯 出走各馬の評価(1)

ノーブルマーズ

同日に京都で行われるJBCの影響でほとんどの馬がこぞって乗り替わりとなる中、高倉ジョッキーが継続騎乗となるのは強み。

特に長距離となると馬の特性を理解しているほうが有利なのは当然です。

日経賞、福島民報杯での凡走は、小回りコースが合わないことも関係しており、そんな中で同じく小回りの前走宝塚記念での好走は成長の証

今回のメンバーでも能力は上位で、それでいて斤量56㎏は恵まれたと言っていいでしょう。

また目黒記念で走っているとおり、父トニービン系母父ロベルト系と東京2500mで走る資質を持った馬といえます。

一番の問題は叩き良化型の馬であること。初戦馬券外から2走目3走目と成績を上げていくタイプで休み明けとなる今回はやはり不安。

GIIで休み明けとなると信頼まではしづらいように思いますが。

 

 

ヴォージュ

この馬の好走条件は2つ。

1つは少頭数もしくは外枠をひいたとき。

準OP勝利後の昨年夏以降、なかなか好走できなかったのも頭数が増え、さらに内枠ばかりだったから。

前々走札幌日経OPは久々の二桁馬番叶ったレースで好走。昨年の夏以前も少頭数や外枠をひくことが多かったために好走レースが多かったと判断できます。

もう1つの好走条件は馬体を大幅に絞ってきたとき馬体重マイナス二桁時は1着1回、2着1回、4着1回。4着は苦手のはずの多頭数内枠でのもの。

逆に馬体重が大きく増えたときは凡走傾向。前走の敗戦も大きく増えた馬体重が原因。

では今回はどうかというと、出走登録16頭ですがおそらく走らない馬もおり確定待ちという状況。馬体重は前走が+10㎏だったことを考えると絞ってくる可能性もありますが果たして。

 

 

エンジニア

前走から500mの距離延長で未知の距離を走ることとなりますが、血統からは走れても全く驚けません。

元々マイルを走っていたところから徐々に距離を伸ばして1800mや2000mを走るように。

それらの距離での好走歴というとテンの3ハロンが遅いスローペース時で、そうでないと末脚が鈍るような形。

マイル時代はテンが速くても走っていたことを考えると、中距離でスタミナがギリギリということでしょう。

そんな馬の東京2500m出走となると…。距離以上にスタミナの問われるコースですし、苦しい戦いを強いられるのではないかと。

 

 

本命候補A ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

東京2400mでの3連勝は○○○産駒の本質を表しており、直線が長くスタミナの問われる舞台は大得意。

今回はさらにスタミナが必要になり、2400mよりパフォーマンスをあげてくる可能性が大いにあります。

芝転向後上り最速を4度記録している末脚は、このレースでも大切な要素。それを先行して記録できるところがこの馬の強み。

アルゼンチン共和国杯の最重要血統であるトニービンの血をもっており、格上挑戦馬の強いこのレースだけにこの馬の好走はかなり期待できるのではないかと見ています。

スポンサーリンク


最強競馬ブログランキングへ

Pocket