Pocket

 

先週の結果報告

京王杯2歳Sは、1着○ファンタジスト-2着◎アウィルアウェイで馬連1点で的中。

アウィルアウェイの2着の結果から見るに、ジャスタウェイ産駒はハーツクライ産駒同様、人気になると負けるという特徴をもっていることが推測できます。

同じジャスタウェイ産駒のヴェロックスも野路菊Sで断然人気で2着でした。

 

ファンタジーSは◎ジュランビルが3着に奮闘してくれましたが馬券は単勝や馬連中心で外れ。

 

アルゼンチン共和国杯は◎ウインテンダネスが4着でした。

あまりにも道中が緩みすぎたのでもう少し早いペースでいけていれば馬券内はあったかと思います。逃げただけにもったいなかった…。

 

今週は大好きなエリザベス女王杯!張り切っていきたいと思います。

4歳時は好走していた馬が翌年になると着を落とすように年齢の壁があるレースなのはひとつのポイント。

スポンサーリンク

エリザベス女王杯 出走各馬の評価(1)

アドマイヤリード

いくら後方にいようがとにかく末脚にかけたほうが持ち味を発揮できる馬で、昨年春の成功(阪神牝馬S2着、ヴィクトリアマイル1着)も位置取りより折り合いを重視するルメール騎手あってのものでした。

同じローテで臨んだ今年の春は、位置取りに重きを置いた騎乗をするデムーロ騎手とのコンビ。

阪神牝馬Sでは5番手追走、ヴィクトリアマイルも出負けしながら位置取りを11番手まで取りにいった騎乗。

これが敗因の一端となっているのは事実でしょう。

今回騎乗する藤岡康太騎手とのコンビ時の過去の位置取りは、東京新聞杯以外、最後方付近を追走末脚にかけるような形。

桜花賞で道中18番手から5着まで持ってきた経緯もあり、これまでよりはこの馬本来の力は発揮できそう。

ただ、ピークを過ぎた感もあり、最後方あたりからの追い込みが決まるレースかと言われれば・・・。

 

 

リスグラシュー

去年のエリザベス女王杯は8着。この原因として考えられる一つは距離

マイルでの好走歴豊富でオークスでも3着を外しているように2200mは多少長いといえるのかもしれません。

そして、個人的にこちらが主ではないかとみているもう一つの敗因は、使い減りするタイプであること。

馬券内を外した過去3戦はいずれも休み明け3戦目でのもの。昨年の秋にしても、メイチである秋華賞を走ったあとのレースでした。

今回は、去年とは異なりエリザベス女王杯を明け2戦目に。

マイルCSではなくこちらを選んだのも、去年の敗因が距離ではなく使い減りしていたことだと陣営が判断しているからでしょう。

そんな馬だけに、前走、本番で騎乗しないことが決まっているデムーロ騎手が本気追いをしたことは気になりますが、去年ほどの凡走をすることはおそらくないでしょう。

 

 

スマートレイアー

GIでは3歳時の秋華賞2着以外好走歴なし。一方で、前々走まででGII・GIIIで馬券を外したのはわすか3度のみ。

そういったGI前哨戦のGII・GIIIでしか走れないというのがこの馬の本質。

そんな馬が前走GIIの京都大賞典で8着。これはやはり完全にピークアウトしていると考えるべきです。

ましてやそもそも苦手なGIとなると、好走の可能性は限りなく低いでしょう。

 

 

本命候補A ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

桜花賞、オークス4着のトーセンブレスが2着、紫苑S1着のノームコアが3着だったフラワーカップはレベルが高かったとすべきレース。

そんな中で最先着しているこの馬はやはり強く、それは今秋の成績にも表れているとおり。

エリザベス女王杯と実は相関が高いのが、秋華賞の前哨戦であるローズS

その理由はどちらも欧州型ノーザンダンサー系(ヌレイエフやサドラーズウェルズ)を持つ馬が強いレースだから。

過去にもクロコスミアミッキークイーンヌーヴォレコルトタッチングスピーチなどがローズS・エリザベス女王杯両方で好走していますが、これらの馬に共通するのは母系にヌレイエフもしくはサドラーズウェルズの血を持っている点。

この馬もローズSを完勝し、さらに母父サドラーズウェルズ系。上記の馬たちと同様の資質を持った馬。

前走見せた自在性の高さに加え、このレースで走る資質を備えた本馬の期待値はかなり高いとみます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PR)

下位人気馬に備えて!エリザベス女王杯2018

1~6レース6頭BOX購入したところ
4日東京(+17680円)京都(+29,230円)福島(+12,130円)の結果でした。

やはりレースを厳選したらもっと回収率出るかもしれない午前中ですね。
これは全レース見れるコラボ放題プランで、見れるレース数増やした方がお得ですね。

今週末も軍資金稼ぎにこの午前中指数データを僕は見ます。
キーワードは「オッズ高めの指数上位6頭以内」です。

今週はさらにエリザベス女王杯ですね。
個人的に注目の5頭と指数の人気の関係をまとめてみました。

カンタービレ   秋華賞3着   指数02位3番人気 3着内率85.71%
ノームコア    紫苑S1    指数01位2番人気 3着内率100%
モズカッチャン  札幌記念3着  指数12位4番人気 3着内率66.67%
リスグラシュー  府中牝馬S2着 指数01位2番人気 3着内率80%
レッドジェノヴァ 京都大賞典2着 指数08位4番人気 3着内率71.43%

3着内率が高いカンタービレ、ノームコア、リスグラシューは外しにくいかな。
この3頭が指数上位の場合は確実視できると思います。
ノームコアはレース数が少ないですが100%なので指数上位にきたら馬券の可能性は期待。
でも人気、実力的にはモズカッチャンは外しにくいんんですよね。。。

やはり迷った際はうまとみらいと全コンテンツから馬券を決めるのが一番簡単ですよね?!

エリザベス女王杯週末指数データ無料で見れます。

 

府中牝馬ステークスも1着指数2位、2着指数1位のワンツーでしたのでデータ通りいくと

指数1位、2位は外せないかもですね。
エリザベス女王杯は3連単10万超えの過去2年で下位人気馬が必ず1頭きてるので

指数1位2位に絡む1頭を当日管理人北条ブログ最終見解見て僕は馬券決めます。
3,4歳馬の6番人気あたりが指数上位6頭にきてたら馬券に組み込むかもです。1~6レースとエリザベス女王杯重賞1レースは無料指数見れるのでおすすめです。
全レース見ても月1,980円のみなのでお手軽に始めやすいんです。
軍資金稼ぎのために,全レース見てよさそうなレースを選んでみてください。


武蔵野S、デイリー杯2歳S、福島記念はうまとみらいと内別コンテンツの殿堂馬、城戸の穴馬で推奨馬が見れるのでコラボ指数見たあと一見の価値ありです。

エリザベス女王杯指数データを見る

確認メールきたらクリックしてログイン!今週のコラボ指数と北条ブログを是非!

 

 


最強競馬ブログランキングへ

Pocket