Pocket

最終的な予想と買い目はこちら(オークス2018 予想と買い目)

今年のオークスにおいて、現在ネットで最も話題にあがっているのは
「アーモンドアイの距離不安」
についてでしょう。
このことについてまずは考えていきたいと思います。

桜花賞は、シンザン記念からのローテで期間が空いたこともあって、ラッキーライラックに次ぐ2番人気。
いつもどおり出遅れて道中はほぼ最後方に位置する展開。そこから直線に入り、異次元の末脚で爆発的に追い込み、先に抜け出していたラッキーライラックを一瞬で抜き去りました。私自身その衝撃は、あのドゥラメンテの皐月賞級のものがありました。
上りは33秒2。上り2位のトーセンブレスで34秒2ということを考えると、まさに化け物。そうして一気にオークスの大衆の本命候補へと浮上しました。

しかし、そのアーモンドアイには上述のとおり「距離不安」がささやかれています。
その一番の理由は、

「父ロードカナロア」

でしょう。ロードカナロアといえば現役のころはスプリントからマイルまでで殿堂入り級の活躍をした馬。その血統も父キングカメハメハ、母父ストームキャットとまさに短距離向き。
距離不安があって当然でしょう。あの末脚はオークスでは見られないのではないか、そう考えるのが普通です。

母系に目を向けると、母はフサイチパンドラ。エリザベス女王杯の勝ち馬で、実はオークスでも2着に入っています。じゃあもしかしたら距離はもつのではないか…ますますわからなくなってきます。

次にオークスというレースについて考えます。オークスは桜花賞から一気に距離が伸びる2400mこの距離を経験している3歳牝馬というのは例年ほとんどいません
ということは、どの騎手もだいたいは馬がバテることを気にするでしょう。過去のレース、数字で見ればそこまでスローペースというレースは多くないですが、実際はゆったりと進むのがこのオークスだと思います。だからこそ、最後は瞬発力勝負になりやすく、ディープ産駒がきやすくなるのだと考えています。
その観点からみると今回、最後の直線だけの勝負になる可能性も高く、アーモンドアイのスタミナ不安は大きな問題とはならないでしょう。

そもそも能力の絶対値は間違いなくトップクラスの馬。能力のちがいだけで、レースを勝つということはよくあることです。
そういった意味でもこのレース、アーモンドアイが能力のちがいで勝ち負けにもってくることは大いにあると思います。

それでもやはり、不安なのは間違いありません。古馬なら父ロードカナロアでこの距離を使おうとは絶対思わないでしょう。
私は、おそらく本命にすることはありません。ただ、桜花賞のパフォーマンスをみても、3冠も狙えるほどのこの馬を相手から外すことはやめたほうがいいでしょう。
これが私の見解です。

そしてもう一つ、これはおまけになりますが、去年引退した名馬、キタサンブラックを忘れてはならないでしょう。
ほとんどの人は母父サクラバクシンオーの馬が菊花賞を勝つとは思わなかったでしょう。まさに突然変異的な馬。
そしてそれは、今回のアーモンドアイにも言えること。もしかしたら父ロードカナロアの本馬が突然変異で2400mはおろか、それ以上の距離ですら適性内という可能性も秘めているのです。

そのほかの出走各馬の評価についてはこちら↓

オークス2018 ポイントと出走各馬の評価(1)

オークス2018 出走各馬の評価(2)

Pocket