Pocket

ここ最近のオークスは、桜花賞と比べてもかなり堅いレースです。1〜3番人気の馬が3着内に2頭以上入った年は、2013年から2017年の過去5年間で4年もあります。
唯一、1〜3番人気が1頭のみしか入らなかったのは1番人気のデニムアンドルビーが3着に入った2013年。
しかし、私の考えではこの年のオッズは少し異質でした。

過去5年の1〜3人気のオッズと結果を見ていきましょう。

2017
ソウルスターリング    1人気 2.4倍 1着
アドマイヤミヤビ       2人気 4.8倍 3着
リスグラシュー          3人気 5.9倍 5着

2016
シンハライト             1人気 2.0倍 1着
チェッキーノ             2人気 4.0倍 2着
エンジェルフェイス     3人気 12.2倍 10着

2015
ルージュバック          1人気 2.7倍 2着
レッツゴードンキ       2人気 6.0倍 10着
ミッキークイーン        3人気 6.8倍 1着

2014
ハープスター             1人気 1.3倍 2着
ヌーヴォレコルト       2人気 9.8倍 1着
バウンスシャッセ       3人気 16.4倍 3着

2013
デニムアンドルビー     1人気 3.3倍 3着
レッドオーヴァル        2人気 5.4倍 17着
アユサン                   3人気 6.5倍 4着

ここで注目したいのは、1番人気のオッズ2013年のみ、1人気のオッズが3倍以上となっています。それ以外の年はすべて3倍以内。
ここから言えること、それは2013年は他の年に比べて
        混戦模様のレース

だったということです。そして実際の結果も、9人気→5人気→1人気と荒れ、5年間で唯一1〜3人気が1頭しか入らなかった年となっているのです。

逆に、それ以外の4年間は、1番人気がオッズ3倍以内で人気馬が信頼できるレースだったということが言えると思います。

じゃあ、それに従うのみ。ということで、今年の予想オッズは
1人気 アーモンドアイ 2.2倍
3倍以内になりそうですね。これならふだんどおりの人気馬2頭+人気薄1頭という構図でいけそう。

ではその人気薄1頭はどう狙えばいいのか、これもオッズから気づくことがあります。

〈過去5年間の人気薄で3着に入った馬〉

2017 モズカッチャン     6人気 15.0倍 2着
2016 ビッシュ              5人気 16.0倍 3着
2015 クルミナル           6人気 11.8倍 3着
2014 バウンスシャッセ  3人気 16.4倍 3着

2013 メイショウマンボ  9人気 28.5倍 1着
エバーブロッサム   5人気9.6倍 2着

こうしてみると、混戦模様と位置づけた2013年以外はすべて、人気薄で3着内にきた馬は

         単勝オッズ10倍代

だったことがわかります。
2014年は3人気バウンスシャッセが入っていますが、この年はハープスター1強という構図で2人気のヌーヴォレコルトですら9.8倍という年でした。

今年も単勝オッズ10倍代になりそうな馬を積極的に狙っていけばよいでしょう。

これらをまとめると、フォーメーションで

1〜3人気の人気馬2頭+単勝オッズ10倍代の人気薄

という組み合わせの3連複を買えばあたる、ということがいえるのではないでしょうか。

Pocket