Pocket

最終的な予想と買い目はこちら(オークス2018 予想と買い目)

ラッキーライラック △
1番人気で迎えた桜花賞。過去の傾向や、最内枠という枠順からもまた1番人気がとぶのではないかと思った人もいたことでしょう。
しかし、その不安をよそに前につけてから抜け出し2着。例年なら、おそらく勝っていた内容。ただただ相手が強かった。この馬の力は十分出し切りました。
距離的な不安に関してはアーモンドアイよりかはないとは思いますが、心配なのはデビューからすべてマイルを走ってきたところから一気に800m伸びる2400mとなること。何せ父はあのオルフェーヴル。ここまでは気性の荒さは見せていませんが、あまり良い距離延長ではないことは確かで、かかってしまってもおかしくはないでしょう。
ただ能力はもちろんトップクラスなので馬券から外すことはできないと思います。

アーモンドアイについてはこちら(オークス2018  アーモンドアイの距離不安は杞憂に終わるのか)

リリーノーブル △
これまでは、ラッキーライラックには負け続けていますが、それ以下の馬とは能力に差があるなという印象。
父はルーラーシップで、その産駒はキセキやダンビュライトなど長距離を得意とする馬が多いですが、この馬の場合は母父クロフネ長距離向きというタイプではなさそうです。ですので、ラッキーライラックと同じく距離延長はかかる可能性を考えてもあまりプラスには働かないように思います。
無難に走るとは思いますが、掲示板までというイメージが強いですね。

マウレア 消候補
オークスで走るディープ産駒の特徴は、前記事 (オークス2018 ポイントと出走各馬の評価(1) )で書きましたが、本馬はそれに当てはまらないディープ産駒です。さらに、この馬の場合はクイーンカップで賞金を加算してそのまま桜花賞にいきたかったところをまさかの5着で、不本意にチューリップ賞に出走しなければならなくなってしまいました。その無駄な出走のせいか、桜花賞も差のある5着でした。今回もおつりはもうないという判断ができますので厳しい戦いになりそうです。

オールフォーラヴ 消候補
本馬も、オークスで走るディープ産駒の特徴からは外れる馬です。前走忘れな草賞はハイペースを道中中段から徐々に進出していく競馬でなんとか勝ちを拾いましたが、相手関係を見てもとてもレベルが高いとは言えません。また、オークスに出走するために前走がメイチだったことも考えられ、馬体重を大幅に減らしてきている点も不安で、さらに今回初輸送となるので、体調面も万全とはほど遠い状態になってしまう可能性が高いと思います。
ここ2戦はハイペースで、スローペースに変わると秘めたるものが出てくる可能性もありますが…

トウホウアルテミス △
血統的な観点から見れば、2400mという距離で最も恩恵を受けそうなのはこの馬です。父ハーツクライは言わずもがな長距離得意な産駒を出しやすい種牡馬で、母トーホウガイアも菊花賞馬トーホウジャッカルを出している点からプラス。母系に当レースに好相性のヌレイエフが入っているのも良いと思います。さらに、父ハーツクライ×母父アンブライドルドソングは同コースのダービーで2着のスワーヴリチャードと同じ組み合わせ。
ローテーションはかなり厳しいですが、これだけプラス要素の多い血統なら激走もあるかもしれません。

パイオニアバイオ △
この馬も、血統的に距離が伸びて良さそうな馬。詰めが甘く未勝利戦を抜け出すのに時間がかかりましたが、前走フローラSは大アナをあける2着。あの外枠から2着に入ったのは価値が高く、この点からもスタミナには不安なし。母父であるゼンノロブロイは、少し前まではオークスに非常に相性の良い種牡馬でした。切れがあるタイプではないですが、なんとか粘る競馬ができればというところです。

レッドサクヤ 消候補
戦歴を見ると、もしかして京都専用機タイプのディープ産駒では?と思ってしまう馬。レッドアヴァンセを少し彷彿とさせます。ディープ×ダンチヒ系はオークスとの相性は悪くないですが、最近の傾向からは外れます。能力に差はありますし、距離が伸びて良いこともないでしょう。

Pocket