Pocket

 

GIに向けた前哨戦が毎週行われるようになっていよいよ秋競馬がはじまったなという印象をうけます。

 

そんななかで、阪神タイガースは最下位。20点取ったかと思えば、抑えのドリスでサヨナラ負けとちぐはぐ。

阪神ファンである私としては、覚醒大山が唯一の希望状態です…。

 

 

今回は例年になくメンバーの揃ったGIIオールカマーについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

オールカマー 出走各馬の評価

エアアンセム

小回りのコーナー4つのコースでこそという馬で、中山の1800~2000mも得意コース。

そういった馬は得てして外回りの中山2200mも得意な馬が多く、このレースに対する適性はあるでしょう。

近年のオールカマーのレベルなら上位評価もありえましたが、今年は相手がかなり揃った一戦

重い印をうつまではいかないでしょう。

藤岡祐騎手がガンコを選んだのもそちらのほうが可能性があると踏んでいるからでしょう。

中山得意で、過去にこの馬を苦手の外回りコースで2着に持ってきた田辺騎手に乗り替わってどこまで善戦できるかというところでしょう。

 

 

レイデオロ

絶対能力はもちろんメンバートップ。

ただしトリッキーなこのコースでは適性がものをいうことが多く、一筋縄ではいかないでしょう。

キングカメハメハにウインドインハーヘアの牝系というガチガチのクラシックディスタンス向きの血統で、やはり非根幹距離は苦手

これまでで唯一の非根幹距離レース、京都記念でも3着に敗れています。

レイエンダも先週同コースで断然人気で2着だったとおり、お世辞抜きにもこのコースに適性があるとはいえないでしょう。

海外帰り明けで、このレースに適性のありそうな実力馬も揃っている今回は勝ちを取りこぼすシーンも十分考えられます。

 

 

ショウナンバッハ

前走新潟記念は大穴をあける3着。まだできるところを見せました。

過去に中山2200mで毎回そこそこの好走はしているとおり展開次第では馬券内に入る可能性もあるように見えます。

しかしその過去のAJCCやオールカマーの相手と今回の相手はレベルが一段違い、さすがにここでは厳しいように思います。

 

 

マイネルミラノ

叩かれた何戦目かでポンっと好走する馬で、得意のこのレースに陣営が絞っていればもしかしたらというところでしょう。

ただここ3走の内容からは衰えを隠せず、前々走、前走とマイネルの主戦騎手であった柴田、丹内騎手ではなくなっていたのも見限られたからなのかもしれません。

陣営がここメイチで仕上げてもこのメンバーではさすがにしんどいように思います。

 

 

本命◎候補 ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

どのレースでも善戦できる馬で、それは前走海外帰り明けという状態の中でも掲示板に乗っているとおり。

近3走の敗因ははっきりしており、大阪杯も先行しながらトリオンフ、スワーヴリチャードがまくってきてコーナーでの加速を欠いたのは痛かったように思います。

そもそも香港に向けた太めの仕上げでしたから掲示板付近の着順なら十分能力を示したといえます。

そんな中で今回はおそらくこの馬の最も得意なコース

ルーラーシップ産駒の特徴については、前記事(ルーラーシップ産駒の特徴 / 距離適性や得意コースと激走条件)でも書いたとおりで、持ち味のパワースタミナを存分に生かせる中山芝2200mはこの産駒の大得意コース

このコースに対する適性と実力の掛け合わせではメンバー中トップと見ています。苦しめのローテだった春から休養を挟んで一変してくる可能性を大いに感じます。

スポンサーリンク
Pocket