Pocket

 

昨日の阪神…20連戦の初戦、初回から試合がぶっ壊れてもはや笑うしかなかったです…。

 

それは放っておくとして、去年の皐月賞馬とダービー馬が出走する今年のオールカマー。

近年の傾向からするとなかなかのメンバー構成となりました。

出走馬をみると、絶対能力vs適性という構図がはっきり。個人的にはかなり楽しみな一戦です。

スポンサーリンク

オールカマー 出走各馬の評価

アルアイン

クラシックを勝ったディープ牡馬は、古馬になってから成績がみるみる下降していくというのが基本線。

キズナもディーマジェスティもマカヒキも、有馬記念でキタサンブラックに勝ったサトノダイヤモンドですらからっきしという状況。

そこには海外輸送が不振の転機となっている馬も何頭かいて…。

この馬も前走の海外輸送がもしかしたら下降線のスイッチをいれてしまったかもしれません。

それを表すかのようなプールばかりの調教。おそらく何か不安があるのでしょう。

テン乗りの騎手起用もこのレースを見送っているようにしか思えません。

 

 

ミライヘノツバサ

トリッキーで適性がものをいうこのレースにおいて、最高の適性を誇るこの馬はやはり注目。

ドリームジャーニー産駒が最も得意とするのが中山芝2200mで、陣営もそれをわかって年間でほとんど行われない中山2200を狙って連打してくるほど。

中・長距離戦の先行馬において北村宏司騎手騎乗は非常に心強く、手の合っていた内田騎手ではなくとも十分に期待がもてます。

もちろん1年以上ぶりという不安はありますが調教はよさそうで、人気がでないここはむしろ穴候補筆頭として狙いたい馬です。

 

 

ブラックバゴ

現状は小回り2000m専門という馬で、陣営のこのレース選択はそれ前後の非根幹距離になるとパフォーマンスを落とすと考えているからかもしれません。

それでいて、出遅れの可能性も含んだ追い込み脚質では馬券内に入るのは厳しいでしょう。

可能性があるとすれば、3走前のアンドロメダSで見せたような捲り気味にスパートをかける競馬だと思います。

この馬に初騎乗ながらそのレースをして見せた池添騎手が今回の鞍上。

そのときの再現をここでしてくるような気もしますが、2000mを主に走ってきた馬がスタミナのいる2200mでそれをできるかというと、正直難しいのではないかと思います。

 

 

激走候補

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

前走天皇賞・春は惨敗。

中山の馬場が改修された2015年以降、天皇賞・春と日経賞は相反するような関係にあり、シャケトラ、ゴールドアクター、アドマイヤデウスと日経賞勝ち馬が、天皇賞・春でことごとく跳ね返されてきました。

この馬も同様のパターンと考えれば何の心配もいらないでしょう。

中山芝2200mは初コース。それでも、ステイゴールドの遺伝子をもつこの馬にとってここが最も得意なコースという予想はでき、これまでで一番激走してもおかしくないでしょう。

あがりのかかったほうが良いタイプだけにこのレースは最適。

中山の非根幹距離重賞を制しているとおりここはメンバー中トップクラスの適性を持っているはずです。

スポンサーリンク
Pocket