Pocket

 

ポイント

外枠の差し馬が圧倒的に有利

キーンランドカップは札幌芝1200mで行われるレース。

短距離というと基本は逃げ・先行馬を狙うのがセオリー。しかし、ことキーンランドカップにおいてそれは全く通用しません

開催が進んで芝の内側が傷む分、コースの内を通る馬はほとんど伸びません。傷んだ洋芝というのはかなり走りにくくなるのでしょう。

 

そのため、インをつく差し馬はおろか、内を通る先行馬ですら馬券内に残るのは非常に困難となります。

外枠の差し馬の台頭が目立つのがこのレース。レース傾向でいうと、内の先行馬が俄然有利な京都金杯と真逆の傾向を持つレースだと思っていいでしょう。

 

スポンサーリンク

外枠のサンデー系が狙い目

そして、外枠に入った馬の中でも特に良績を残すのが父サンデーサイレンス系

 

キーンランドカップ 外枠に入った父サンデー系の好走馬

2017年 11番 ソルヴェイグ 2人気2着
2016年 14番 ブランボヌール 2人気1着
2015年 13番 ウキヨノカゼ 8人気1着
    16番 トーホウアマポーラ 9人気2着
2014年 15番 レッドオーヴァル 1人気2着
2013年 11番 ストレイトガール 1人気2着

 

このように毎年馬券になるのが外枠のサンデー系。過度に人気のない馬を除けばかなりの好走率です。

芝短距離というとなかなか父サンデー系の馬が活躍することは少ないですが、キーンランドカップでは大きなアドバンテージとなるのです。

 

 

外枠に入れば狙いたい父サンデー系の馬

今年は父サンデー系の馬が9頭も出走予定。

そのなかで狙いたい馬を3頭挙げるとすると・・・

ナックビーナス

父ダイワメジャー

重賞では毎回のように好走するものの善戦止まり。もはや0.1秒差負けが定位置のような馬。

こういった日本人騎手で重賞を善戦してきた馬が外国人騎手に乗り替わったときにポッと勝つのも今の日本競馬の特徴。

ダンビュライトのAJCC(1着、鞍上Mデムーロ)はその典型的な例。

モレイラ騎手を迎え入れたこと、明け2戦目となることから陣営の本気度がうかがえる今回。メイチ度はかなり高いでしょう。

 

 

トゥラヴェスーラ

父ドリームジャーニー

前々走の0.4差の勝利は1200mということを考慮するとかなりの差で、坂のあるコースでそれを発揮したことはパワーのいるこのレースで生きるはず。

また、前走でラブカンプーと同着だったことを考えると、重賞戦線で通用しても全く驚けません。

持ち味は末脚の鋭さで、この舞台とぴったりマッチ。53㎏の斤量で外枠に入れば大きなチャンスとなるでしょう。

 

 

大穴候補

父サンデー系で最大の大穴候補は○○○○

→ 人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

春から夏好走/秋から冬凡走という傾向が顕著な馬で、去年の春から夏にかけての畳みかけるような出走&好走は目を見張るものがあります。

今年も春以降の2戦でそれまでの冬の凡走ぶりから馬が変わったかのような好走

洋芝でも良績を残しているとおり、適性面でもメンバー上位。

予想2桁人気が不思議なぐらい、好走が期待できる大穴候補です。

Pocket