Pocket

 

ジャパンカップ 出走各馬の評価(2)

サトノダイヤモンド

前走京都大賞典1着。これで復活というのはさすがに難しく。

そもそもGIIレベルでは金鯱賞にしても好走できていた馬で、緩い流れからの上り勝負という点からしてもそのときと差して内容は変わらずです。

クラシックを勝ったディープ牡馬+海外遠征で調子が下降した馬はこれまでにも何頭かいますが、この馬も典型的なそのタイプ。再び輝きを取り戻すのは相当難しいといえます。

エンジンのかかりが鈍くなっている状態を考えると早仕掛けのモレイラ騎手が乗るのはベターで、前走の勝利で馬が変わる期待もあります。

しかしそれでもファンが多く実力より人気になってしまう馬である以上、狙うのは危険で妙味も薄いと言わざるを得ない状況です。

スポンサーリンク

サンダリングブルー

前記事のカプリの項でも述べましたが、日本が力を入れているクラシックディスタンス付近の距離で適性のズレすぎているヨーロッパの馬が活躍するのは相当難しいといえます。

これが手薄なスプリント戦となると話は別ですが。

この馬は前走GIで2着ですが、このGIはかなりレベルの低いもの。実力的にはカプリのほうが上です。

上記の状況において実力もそこまでとなれば、穴としての期待値も低いという評価になってしまいます。

 

 

ガンコ

上りのかかった日経賞で1着、上りの速くなった日経新春杯で3着というのはこの馬のキャラクター性を表しています。

要は上りのかかる馬場・展開でないと勝負できない馬。

東京2400mというのは適性面でズレがあるように思います。

そんななかでここ2戦、出脚が鈍っているのは気になるところで、前に行けないとなるとより状況は厳しくなりそうです。

 

 

穴候補筆頭 ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

この馬を管理する厩舎は関西圏のレースを非常に苦手としていて、それは先週のアエロリットの成績にも表れているとおり。

本馬も同様で、関西圏では馬券内なし。一方で関東圏のレースでは6戦中5戦で馬券内

そんな厩舎だけに初コースであっても今回は注目。

これまでは小回りやパワーの要るコースばかりの出走で結果を出してきましたがこの産駒は意外と東京で走る馬も多いもの。

また、この馬の勝ち負けのパターンである道中の捲り、ロングスパートを見ても、中山等が得意な馬にありがちな一瞬のキレ味で勝負するタイプではなく、持続力を使える馬なのかと。

そうなると今回の東京2400mの持続力勝負でも十分通用あるいはこれまで以上の能力を発揮してもおかしくないでしょう。

前走は周ってきただけで全くの度外視でいいですし、ここにきて天栄仕上げを使ってきた陣営の本気度を見ても、一撃の可能性を十分秘める馬であることは明らかです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたのお気に入り馬券師は誰!?
週始めから完売する馬券師が出る人気っぷり!急げ!「J.H.A.」(PR)

 

11月25日(日)ジャパンカップ(G1)@東京競馬場

自分の好きな馬券師を選べる「J.H.A.
不安な方のために用意されている「お試し依頼」は超便利!
※買い目は提供されません※

あなたをサポートしてくれる馬券師は誰でしょう!?
ジャパンカップ」の無料買い目ももらって、今週はJ.H.A.で楽しもう!

メールアドレスを登録して確認メールからログインしてください。
メール来ないな~と思ったら、迷惑メールフォルダもチェックしてくださいね!
無料登録するとたくさんの馬券師があなたを待ってる!

 

Pocket