Pocket

 

ジャパンカップ 出走各馬の評価(3)

スワーヴリチャード

天皇賞(秋)はスタート後即終了という状況でもちろん実力ではありませんが、やはり気になるのはメンタル面。こればかりは走ってみないと分からずです。

ただ、その前走は直線で一旦はデムーロ騎手が追ったものの反応を見て諦めたのは間違いなく、それはこの騎手がよくやる前哨戦の本気を出さない騎乗に相当するもの。

走らせていればこのレースを回避となったミッキーロケットマカヒキのような状態にもなりかねない中で、あの騎乗はファインプレーととるべきで、天皇賞(秋)組で最も買うべきは走らなかったこの馬。

前走陣営が8割の仕上げと話していたということはここメイチなのは間違いなく、大阪杯で見せた破格のスタミナを生かしやすくなる2400mなら一転して激走してもおかしくないでしょう。

スポンサーリンク

 

ノーブルマーズ

目黒記念、宝塚記念と連続好走していますが、それは恵まれていた部分も大きく。

どちらも内枠から直線でラチ沿いを走り、内伸び馬場という幸運をものにした形。

その2戦ほど恵まれる保障がないうえに相手も強くなる今回は、推せる要素は少ないように思います。

完全な叩き良化型で前走の凡走が仕方ないにしても9着は負けすぎで馬場の恩恵がなくなるとその程度の実力なのかもしれません。

そういう意味では、馬自身のパフォーマンスが明け2戦目であがったとしても厳しい競馬を強いられそうで、これでさらに内枠を引けないようだとより一層苦しくなるかと。

 

 

ウインテンダネス

鞍上内田博幸騎手というのがこの馬の最たる激走要因で、今回はまさにその条件。

前走が久々の松岡騎手でしかもこの馬の苦手な超スローペース戦にしてしまったというのでなおさら一変の期待値は高まります。

逃げて緑風Sや目黒記念のような持続力勝負に持ち込めればチャンスあり。

ただ、その持続力勝負に強いシュヴァルグランや天皇賞(秋)で淀みない流れを作って好走したキセキといった強い馬もいて…。

それらの馬が不安要素を露呈するようであればこの鞍上だけに穴一考の余地はあるでしょう。

 

 

本命候補B ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

ジャパンカップで名牝が好走してきた背景にはやはり斤量差はあるはずで、4歳以降一冠も取れなかったミッキークイーンでも8着ながら勝ち馬とは0.3秒差

それを考えると、ジャパンカップに参戦してくるような3歳牝馬の53㎏というのはかなり有利。

ペースが速くなって脚が削がれるというのはこの馬の懸念材料の一つ。

実際、ウインテンダネスがペースを落としすぎた前走の負けを糧にした逃げをしてくるとしたらペースはそれなりに流れそうで、キセキの前走の逃げでの好走を見ても流れそうなのは同様です。

ですが、スローペースとはいえオークスでの前目競馬からの上り33.2、京都内回りで淀みないペースになった秋華賞でも上り33.6ですからその懸念も杞憂に終わる可能性は高いでしょう。

また、マークがより一層きつくなることは当然考えられること。

ただ、おそらく出遅れるであろうこの馬をマークすることはむしろその馬自身が直線で勝負にならないことを意味し、玉砕は避けられない状態に。

そうなると有力馬はおろか人気薄の馬でもそういったことをしてくるのは考えづらい状況。

そして何より上位人気馬が、メンタル問題復調待ち衰え等の小さいとはいえない問題をかかえるような今年のメンバー構成ならばかなり堅い存在であることは間違いないでしょう。

前走は苦手内回りコース、8割の仕上げでもあれだけのパフォーマンスですから、上記のことに加え、ほぼ100%の仕上げでかつ広いコースとなるここはやはり逆らうことはできない馬です。

 

 

ランキング参加中!


最強競馬ブログランキングへ

Pocket