Pocket

スポンサーリンク

スプリンターズS 2018 予想

本命◎ ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

近年の日本のスプリント界は中長距離に比べるとどうしても手薄で、ブリザードリッチタペストリーといった芝実績がそこまでな外国馬でもあと一歩で馬券内という状況。

そのあと一歩が何なのかというところで今週のがそこを詰めてきそう。

時計を持たないこういった馬にとって馬場悪化は好都合。それは2015年のエアロベロシティの完勝劇からも分かります。

近走は不振とはいえ、あと一歩だった馬たちとは違って実績は十分のこの馬。ファインニードルやレッツゴードンキとも好勝負しているとおり、この枠、この馬場なら一撃あっても全くおかしくないでしょう。

 

 

対抗○ レッツゴードンキ

3歳時から短距離のほうが良いと言われており、実際スプリントGI以外は興味なしというような成績。

そこには陣営の仕上げも関係していて、それが如実に表れたのが前走キーンランドC。

GIで2着続きで引退も近づく中、陣営もGIを取りたいはずで、そのための叩き台感満載の仕上がり具合。凡走も全く問題ありません。

今回は本気仕上げでくる一戦。重馬場セントウルS出走や夏競馬参戦で疲労が残る馬が多い中、前走走らなかったこの馬はここが最高の状態。

ダートを走っているとおり重馬場も合うはずで大いに好走を期待できます。

 

 

▲ 12ナックビーナス

近走の安定ぶり、中山1200巧者、モレイラ騎手騎乗、渋化馬場得意と買い材料の多いこの馬。

人気になるのもうなずけますが、賞金を加算しておかないと少々まずかった前走がメイチだったのが気になるところ。

それはモレイラ騎手を配していたことからも分かることで、今回はそこからの上積みはないと見たほうがよいでしょう。

それでも馬の力をフルに出してくれるこの騎手なら勢いそのままにGIを制覇してもおかしくありませんが。

 

 

☆ 11セイウンコウセイ

去年の高松宮記念制覇後は不振に陥っていましたが、そこで陣営が出した策が前走から着用したチークピーシズ

揉まれ弱いこの馬にとってその効果は大きく、前走も4角で他馬に競りかけられながらも集中を切らすことなく1着。

今回もチークピーシズを着用するということで、外枠馬場悪化も相まって、内枠で馬群に包まれて大敗を喫した去年のスプリンターズSから一変した姿を見せてもおかしくないでしょう。

 

買い目はレジまぐで

スポンサーリンク
Pocket