Pocket

 

巨人との2戦を負け越した阪神は3位と2.5ゲーム差。CSはなんかもう厳しいかなという感じです。

それより個人的にはロサリオがどうなるのかが気になってしょうがないです。来年も残ってほしいな…無理かな…

残らないなら来年は外国人野手は取らないでほしいですね。

 

スプリンターズSの各馬の評価へいきます。

スポンサーリンク

スプリンターズS 出走各馬の評価(1)

アレスバローズ

前走、前々走で重賞2連勝。ただしその2レースは両方とも差し・追い込み有利として知られるレースで、それと脚質がマッチしての勝利。

また、高速馬場だった点もその2つの共通点。

スプリンターズSではそれらのレースほど差しは決まりませんし、馬場も今のところ当日は雨予報

ここ2走とは馬場、展開ともに一転するように思います。そうなるとどうなるか。

ローカルを基本線として結果を出してきた馬で、OP入りしてから中央で3連敗後、ローカルで2連勝しているのもこの馬のキャラを表しているような気もしますが。

 

 

キャンベルジュニア

中山の路盤が変わった2015年以降、マイルでも結果を出せる馬がスプリンターズSでも好走しているのは事実。

当レースで好走したストレイトガール、ミッキーアイル、レッドファルクス、レッツゴードンキなどはマイルでも活躍していた馬です。

ただ、それらの馬と比べるとさすがに重賞を勝ったことがないこの馬の格は落ちます

初の1200mとなった前走キーンランドカップで4着に入れたのも洋芝で遅い時計だったからという可能性は否めず、それでスプリント戦線でも通用すると考えるのは早計。

前走より時計の速くなるであろう今回はさらに厳しい戦いを強いられるのではないでしょうか。当日の雨予報も歓迎ではありません。

 

 

ダイメイプリンセス

近年のスプリンターズSのマイル指向の傾向を見る限り、スプリントより長い距離を走ってきた馬のほうが有利で、そういう意味では1000m寄りのこの馬には向かないレースと言えます。

夏の時期に好走が偏っており、それもあってかこの夏は猛暑の中立て続けに3戦

さすがにその反動を疑うべきで季節的にも好調期は終わったと見たほうがよいように思います。

 

 

穴候補筆頭

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

近年の日本のスプリント戦線は中長距離に比べると手薄で、それはクラシック向きの強い馬を多く産み出そうという日本競馬界の流れも関係しているでしょう。

だからこそ外国馬にもつけいる隙があるのが今のスプリントGI。

去年のスプリンターズS、今年の高松宮記念で3着から0.1秒差の5着だったブリザードは香港で重賞1勝という馬。

2015年のスプリンターズSで3着と同タイムの6着だった外国馬リッチータペストリーはダートではGI勝ちがあるものの、芝では5着が最高。

そういった実績がそこまでない外国馬でも好走できるのが今の日本のスプリント戦です。

事実、実績をもって来日してきた香港馬エアロベロシティは高松宮記念であっさりと勝利しています。

それならば今回、近走こそ不振ですが実績のあるこの馬なら馬場や展開ひとつで十分馬券内に入ってくるでしょう。

3走前はファインニードルと好勝負をしているとおりその力はあると思います。

週末の雨予報もこの馬に向きそうです。

スポンサーリンク
Pocket