Pocket

 

今日のハイライトは何より藤波の完封でしょう。やっとエースが帰ってきました。

ピッチングもさることながら3試合連続長打の打撃もすごい。

2年間ぐらいバッティング練習してたんやろな。

 

スプリンターズS各馬の評価していきます。

スポンサーリンク

スプリンターズS 出走各馬の評価(3)

ラブカンプー

前走セントウルSは直線坂のあるコースということで軽視しましたが得意のロケットスタートから止まらず好走。

タフで一戦毎に強くなっているような印象を受けます。

ただやはり急坂のあるコースより平坦コースのほうがベターだとは思います。前走も開幕週だから止まらなかっただけという可能性もあって。

近年のスプリント界は、フォーティナイナー系もしくはサンデー系の時代でサクラバクシンオーの血を受け継ぐこの馬にとっては逆風。

タフとはいえ猛暑の夏をフル出走してさすがにそろそろパフォーマンスも落ちてくるでしょう。

 

 

セイウンコウセイ

他馬が近くにいない状態での逃げもしくは先行で好績を残してきた揉まれ弱い馬で、内枠で馬群に包まれて終わってしまったのが去年のスプリンターズS。

ただしそんな弱みも前々走までのこととなるかもしれません。

この馬の弱点が揉まれ弱さであることがよく表れたのが前走。陣営はその弱点を克服するためにそれまでつけていなかったチークピーシズを着用。

逃げをうったレースで4角でワンスインナムーンが競ってくるも集中を切らすことなく粘り切って1着。チークピーシズがなかったらおそらく競ってきた馬は見えていたはずでそうなるとどうであったか。

馬具着用の効果はかなりのものでしょう。外め枠で包まれる可能性は限りなく低く、さらに今回も着用予定の最終兵器チークピーシズで去年から一変したレースをしてもおかしくありません。

何より馬場の悪化はダートや道悪で結果を残してきたこの馬にとって最高の条件となりそうです。

 

 

レッドファルクス

ここ2戦の内容から馬がズブくなっているのは明らかで、マイルの安田記念ですら道中の追走に苦戦しているような感じ。

今回も近走同様シンガリ付近から直線勝負という形になりそう。

そのズブい状態においてデムーロ騎手でないというのは大きな痛手で、あの剛腕でなければこの馬のエンジンはなかなかかかってくれないでしょう。

去年ですらスローペースでなんとかもったような形で、衰えた今年はさすがに厳しい戦いを強いられそうです。

 

 

本命候補

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

スプリントが最も合うというのは荒々しい気性を見せていた3歳時から言われていたことで、結局古馬になってからはその適距離に落ち着きました。

陣営もそうであることはおそらく分かっていたはずで、その結果2017年の春以降好走しているのはスプリントGIのみ。そこに完全に照準を絞っているとしか思えません。

要はそれ以外のレースは言い方は悪いですがとりあえず走っているだけという状態。

本気仕上げの国内スプリントGIで3戦連続2着という結果から、引退も迫る中なんとしても勝ちたいはず。

前走がそのための叩き台で走っているだけ状態なのは明らかで着差があいての敗戦も問題なし。

実績のある馬が年齢を重ねるほどメリハリをつけた仕上げをするのはよくあることで、このレースの過去の勝ち馬ストレイトガールも引退レースながら制したヴィクトリアマイルの前走は大凡走。

この馬にも同様のことが言えるでしょう。メイチの本気仕上げでくるここは馬券に入れておかなければならない存在です。

スポンサーリンク
Pocket