Pocket

 

チャンピオンズカップ 出走各馬の評価(2)

サンライズノヴァ

アップダウン激しくスタミナのいるコースだけに1800mより長い距離でも走れる馬を基軸に考えたいのがこのレース。

現に1600m等で活躍していた馬の参戦は人気でも飛んできた過去があります。

それを考えるとやはり1600m中心で使われてきたこの馬は買いづらいのが現状。

追い込み馬だけに得意の東京コースよりコーナーがきつく直線も短くなる今回は条件悪化がすぎるように思います。

スポンサーリンク

ノンコノユメ

この馬の持ち味である末脚を引き出すために必要なのはとにかく脚を溜めることで、そういった意味で鞍上は非常に大事。

現に好走時の鞍上は折り合い重視のルメール騎手や内田騎手で、その他の外国人騎手では力を発揮させるのは難しい馬です。

前走はその鞍上内田騎手でさらに中央ダートもどりと好走条件はかなり整っていたはずで、そんな中で4着。

あれ以上を期待するのは難しいように思えます。

3年前のチャンピオンズカップは2着ですが、ハイペースで先行勢壊滅あってのもので、そうではなかったここ2年は掲示板外。

今年もペースが速くなることは期待できず後方不利の状況では、いくら鞍上内田騎手といえども届かない可能性のほうが高そうで…。

 

 

インカンテーション

近走はマイルを主戦とするようなスピードある馬で、距離延長時は自然と先行・逃げポジションにつく形。

その距離延長時に前有利となる場面はこの馬のツボといえます。

それが叶ったのがマーチSや白山大賞典、3歳時の沈丁花賞。

今回は前走1600mから距離延長となるレースで、さらにペースが遅くなることが予想され前有利になりそう。

つまり完全にツボに当てはまる条件なわけです。

後ろからいく有力馬が多い中、前で粘り込んでも驚けない状況にあるといえます。

 

 

穴候補筆頭 ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

チャンピオンズカップの傾向として1000m通過タイムはひとつのポイントで、60秒台だと差し優勢61・62秒台の遅めなら先行優勢

2014年 1000m通過タイム:62.3秒
   通過順
1着 2-2-2-2
2着 5-5-4-4
3着 5-5-2-2

2015年 1000m通過タイム:60.2秒
   通過順
1着 9-6-8-6
2着 14-14-15-15
3着 15-15-16-16

2016年 1000m通過タイム:60.6秒
   通過順
1着 14-14-14-13
2着 6-6-6-5
3着 2-2-3-2
(4-6着:すべて通過順2桁)

2017年 1000m通過タイム:61.6秒
   通過順
1着 9-10-11-11 (ゴールドドリーム)
2着 2-2-2-1
3着 1-1-1-1

2017年で唯一後方から飛んできたのがゴールドドリームだったことを考えるとこの傾向はかなり顕著。

そして肝心の今年はというと明らかな差し馬過剰。先行馬少数の今回、ペースが遅くなることは容易に想像がつく状態です。

ならば狙うべきは先行勢

先行馬であるこの馬は、前走負けはしましたがテイエムジンソクの玉砕覚悟のマークにあった部分は大きく、負けて強しの内容。

不安を露呈するのはコーナー4つのコースで外枠を引いたときでそれ以外は堅実な走りを見せるタイプ。

そんな馬だけに枠順は大きなカギを握り、外枠をひくようだとやや厳しくなるものの、内・中枠なら激走の期待値はかなり高いように思います。

 

 

高配当の的中を多数生んできた信頼の無料予想サイト

<JAPAN HORSEMAN ALLSTARS>

 

ランキング参加中!
最強競馬ブログランキングへ

Pocket