Pocket

 

マイルCS 出走各馬の評価(3)

ステルヴィオ

前走毎日王冠でただ一頭後方から突っ込んできた末脚は強力。

今回もおそらく後ろから飛んでくるでしょう。

ただやはり非根幹距離>根幹距離という感があるのは否めず。ここまで非根幹距離で2勝2着1回、根幹距離では新馬戦以外勝ち星なし。

主戦のルメール騎手がモズアスコットを選んだことも気になるところです。

前走、同じ3歳馬のケイアイノーテックとは1㎏こちらが軽かった中で0.2差ですから、意外とマイルでは逆転を許すというシーンがあってもおかしくはなさそうで。

スポンサーリンク

ロードクエスト

前走モズアスコットに勝っているというのは強調できる点。斤量面で有利で相手が仕上げていなかったというのがあったとしてもです。

しかし、手の合うデムーロ騎手が乗っていたというのは間違いなくあるはずで、しかも本番で騎乗しない馬での本気追い叶ったレースでした。

そこからの乗り替わりとなると割り引かざるを得ず…。

また、この馬のもう一つの問題点はレース間隔をあけたほうが良いタイプであること。

2歳から3歳冬にかけて間隔をあけて使っていたのはそういう理由があるはずで、その体質は古馬になってからも大きく変わらず。

そんな馬が前走激走のあと1ヶ月の間を取らずにGIレースを走るというのはどうしても不安に思えます。

 

 

モズアスコット

マイルCSと安田記念では求められる適性が異なるというのはこれまでの記事でも述べてきたとおり。

その点において安田記念で勝っているこの馬の適性は、やはりマイルCSで要求される適性とはずれるのではないかと考えられます。

1番人気で2着を連発していたり、3歳時に1人気で馬券外を3度記録しているのはこの馬のキャラクター性であり、前走のハナ差2着もまさにという感じ。

そんな馬だけに1番人気で迎えそうな今回はそこまで信頼はできそうになく。

春秋のマイルGIを勝ったモーリス級の馬であるようにも思えません。

 

 

ジュールポレール

今春ヴィクトリアマイルを制した際は、前哨戦の阪神牝馬で叩き感満載の仕上げで走らずから、本番で完璧な状態に持っていった形。

今回も雰囲気としてはほぼそのときと同じで、ここで最高の状態となる期待が持てます。

西園厩舎というと、このレースで過去にサダムパテック(4人気1着)、エーシンフォワード(13人気1着)、シルポート(10人気4着)などの激走を生んできたマイルCS得意厩舎

幸騎手からの乗り替わりはマイナスですが、賞金ランク上位の所属馬がスプリンター~マイラーに偏るプロフェッショナル的厩舎だけにここでも一撃の可能性は十分秘めているでしょう。

 

 

穴激走候補B ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

昨年まではほとんどが直線平坦コース出走。

それは明らかに坂が苦手であることを示すレース選択で、実際にクラシック路線で急坂のあるコース出走時は人気より着を落としていました。

転機となったのは今年の阪神牝馬S。坂が苦手であるはずのこの馬がそのレースで好走

これはこの馬の成長を示す何よりの証。そしてそれをさらに証明したのが続く次走のGIでの好走でした。

となれば直線平坦な今回のコースであれば再び好走を期待できるはず。

またこの馬は馬体重を大きく増やしたレースでは凡走し、その次走でパフォーマンスをあげるメリハリのあるタイプ。

そんな馬が前走馬体重を2桁増やしながら好走。それはもしかしたらさらに馬が強くなっているということなのかもしれません。

馬体重を増やした次走となる今回、過去最高の能力を発揮してもおかしくないでしょう。

 

穴激走候補Bは人気ブログランキングで公開中
中央競馬ランキング

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PR) 実績ありの熱い競馬予想サイト!

競馬学会


 

ランキング参加中↓


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
Pocket