Pocket

 

ハンデ重賞だけあって荒れることで有名なマーメイドS。昨年こそ3連単の配当は14000円程度に落ち着きましたが、それまではほとんどが10万円を超えています。
それだけ予想が難しいレースではありますが、こういうレースを何とか当てたいところです。

 

《1番人気の取捨》

荒れるレースだけあって1番人気を切れるか切れないかは大事です。来ると思うのならそれを本命にすればいいですし、来ないと思うのならバッサリ切るのも手だと思います。

 

オッズから見る馬券外に飛ぶ1番人気

過去5年で1人気が馬券内に入ったときと馬券外に飛んだときのオッズを比較すると、

馬券内
2015 マリアライト       3.5倍 2着
2014 ディアデラマドレ 3.3倍 1着
2013 アロマティコ       2.8倍 3着

馬券外
2017 トーセンビクトリー 4.8倍 9着
2016 シュンドルボン      4.8倍 4着

馬券内に入った1人気の馬はすべて単勝オッズが4倍以内、一方馬券外にとんだ1人気は両方4倍以上のオッズだったことがわかります。

1人気のオッズが4倍以上というのは、そのレースが混戦模様のレースだとみんなが考えているからで、ハンデ戦ということもあいまってより1人気が飛びやすくなるのだと思います。

これだけでは薄いのでもう一つ考えてみます。

 

斤量から見る1人気の取捨

1人気で馬券内に入った馬と馬券外にとんだ馬の斤量を見てみます。

馬券内
2015 マリアライト       53kg
2014 ディアデラマドレ 53kg
2013 アロマティコ       54kg
2012 グルヴェイグ       53kg

馬券外
2017 トーセンビクトリー 56kg
2016 シュンドルボン       56kg

このように、近年の傾向としては1人気の馬でだいたい53kgなら馬券内56㎏なら馬券外とくっきり分かれています。ちなみに馬券外のトーセンビクトリーとシュンドルボンはトップハンデの斤量でもあります。
斤量55㎏ぐらいが来るか来ないかの境目だと言えるのではないでしょうか。

この2点をまとめると、

単勝オッズ4倍以上 かつ 斤量55㎏以上→ 馬券外

単勝オッズ4倍以下 かつ 斤量55㎏以下→ 馬券内

となります。一方だけ当てはまる場合は微妙ということになります。

 

今年1人気になりそうな馬は…

キンショーユキヒメ 斤量55㎏ 予想オッズ3.8倍

ミリッサ      斤量53㎏ 予想オッズ 4.2倍

トーセンビクトリー 斤量56㎏ 予想オッズ 4.9倍

レイホーロマンス  斤量52㎏ 予想オッズ 5.5倍

このあたりまでだと思います。これだけ見ると当日まで取捨はしないほうがよさそうに見えます。

キンショーユキヒメかトーセンビクトリーが1人気になって4倍以上のオッズになれば切る。
ミリッサかレイホーロマンスが1人気になって4倍以下のオッズになれば本命としようと思います。

中途半端になるのはやめてほしいところです…

 

《注目の人気馬》

個人的に1人気でオッズ4倍以下になってほしいのは…

レイホーロマンス

先の条件を満たせば自信をもって本命に推したい馬。

愛知杯や中山牝馬Sではハンデを生かして馬券内、一方別定戦の福島牝馬Sでは5着に敗れました。

先着を許したキンショーユキヒメトーセンビクトリーは、今回重い斤量を背負うので十分逆転は可能だと思います。

馬体重が軽いので、前走から斤量減の恩恵を最も大きく受けるのはこの馬だと思います。

ハービンジャー産駒距離が延びるのは良いですし、母スズカローランも1800~2000mの小回りコースを得意とする馬を輩出してきました。それを考えるとここはベストの舞台と言えます。

Pocket