Pocket

 

無印? カワキタエンカ

重賞での実績もあり、母父クロフネという点も良いですが、大きな懸念材料は好走が1800mの非根幹距離に偏っていること。こういう馬はGIの根幹距離では厳しいイメージがあります。

 

△? ジュールポレール

去年の3着馬。リピーターが強いレースである以上入れておきたい馬ではありますが、前走、明らかな叩きとはいえ超スローペースを先行しての5着というのは少し物足りない気もします。ただ去年のヴィクトリアマイルで道中のあの展開から最後よく3着まできたなという印象。スローペースが得意だけに今年はそういったペースにならなそうなのが気になりますが、無難に入れておくのがいいかもしれません。

 

◯ デンコウアンジュ

去年は直線外から強烈な末脚で追い込み2着。見事に穴をあけました。周知のとおり東京マイルはこの馬が最も得意とするコース。ローテも去年と同じで今年もやってくれそう。差し馬だけにあとは枠順と展開が気になるところ。外めの枠ならスムーズに進められそうですが…

 

無印? レーヌミノル

桜花賞やマイルCSを見ると、スプリントよりマイルのほうが向いていそうではあります。ただ、東京のマイルとなるとスタミナがどうかというのが微妙。好走したマイルGIの2走は稍重だった点からも今回の馬場が渋ってくれれば一発あるかもという存在です。当日の馬場次第でしょう。

 

☆ ラビットラン

能力があることは間違いなく、父はこのレースに相性のいいダートの血、エーピーインディ系のタピット。激走する可能性を秘めた一頭。前走9着は超スローペースのなか後方という位置取りが原因なのは明白で、上がり最速で走っている点を評価すべきでしょう。もちろん前残りの展開になれば厳しいのはたしかですが、それでも期待したい馬。

 

☆ レッドアヴァンセ

これまで陣営が使ってきたレースからみても平坦コース専用機と思われてきたのはたしかです。それが前走、坂のある阪神コースで展開の利があったとはいえ2着というのはこの馬自身の成長の証。そしてなにより忘れてはならないのは母エリモピクシー。クラレントは東京マイルで何度も激走し、先日のNHKマイルCでもレッドヴェイロンが穴をあけたばかり。それでいて父ディープインパクトならこのコースに合わないはずがありません。穴候補筆頭。

 

△? エテルナミノル

この馬の好走は外回りの広いコースに限られています。エンパイアメーカー産駒らしく、外めの枠から他馬に絡まれることなく自分のペースでいければという馬。それができたのが一昨年のユートピアSや今年の愛知杯。出遅れ癖があるのは痛いですが、広い東京コースで外めの枠がとれればひょっとしたらということはあるでしょう。

Pocket