Pocket

 

京成杯AH

出走各馬の評価

ロードクエスト

マイルに戻って2戦目。関屋記念同様、ある程度流れてくれるこのレースならそれなりに好走することができると思います。

ただ、やはり一度短距離路線にシフトした影響があるのは事実でかかる懸念がないとはいえないでしょう。

出遅れもここ2走はありませんが、今回それが起きないとは言い難く、先行したいところで出遅れるとなればちぐはぐな競馬はまぬがれないと思います。

 

 

ロジクライ

前走中京記念は前3頭がやりあってくれて得たいわば漁夫の利のようなもので過信は禁物。

ただ中山マイルが初コースとなる点を除いては死角が少なくこのメンバーなら納得の1番人気。

こうして人気になったときにふと負けてしまうのがハーツクライ産駒でもありますが・・・

過去の重賞3回で、人気薄で好走人気で凡走しているのはその特徴をいかにも表しているような気がします。

 

 

ベステンダンク

障害レース起用が功を奏したのは前走内容から明らかで、相手が弱かったとはいえ強い競馬をしました。

その前走で逃げを打ったことからもそういった前に行く闘争心を障害レースで植え付けようとしたのかもしれません。

馬が一変したのは間違いありませんが、今回は同型が多く相手も強くなる一戦でしかも大外

完全に仕上がっていた前走からすると、輸送もある今回はそのときほどの状態で挑めるようには思えませんが。

 

 

危険な人気馬

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

前々走のようなどうみても差し・追い込み有利の展開をもってしても差し届かないような馬ですから、エンジンのかかりが遅いタイプなのは明らか。

そこを考えると中山コースに変わるのはどう考えても不利。

さらに大きな懸念材料が騎手の乗り替わり

外国人騎手のほうが展開の読みやエンジンをかけるためのパワーなどに秀でており、こうしたエンジンのかかりが遅いタイプの馬に合います。

現に新馬戦以降、勝っているのはすべて外国人騎手でのもので重賞での好走もデムーロ騎手。

日本人騎手へと乗り替わる今回は評価を大幅に引かざるを得ません

 

 

紫苑S

500万条件で勝った程度の馬ばかりで能力拮抗の今回のレースにおいて大事なのは・・・

また、重賞へと昇格した2016年以降、好走馬の血統傾向が変わったこのレース。

本命は、クラシックでも重要血統となりつつある父をもつアノ馬!

詳しくはレジまぐで↓

Pocket