Pocket

 

 

ヴィクトリアマイル同様かなり荒れやすいこのレース。

ポイントは…

まずは馬自身の格。

GIIレースということを忘れてはいけません。過去の好走馬を見てもほとんどが前走重賞を走っていた馬。前走、条件戦やオープンを走っていた馬は評価を下げていいでしょう。

 

次に、東京1400mというコース。

他の競馬場と違い、東京の1400mは形態状スローペースになりやすいコース。そのため、基本的にはスプリント指向の馬よりマイラーよりで瞬発力勝負に強い馬が台頭します。

過去5年、3着内に入った馬でスプリンターはGI馬レッドファルクスを除くとサクラゴスペル、レッドスパーダの2頭。

この2頭はともにオーシャンS(3着内)→高松宮記念→京王杯SCという王道のスプリントローテから参戦しています。このローテ以外のスプリンターはばっさり切ってもいいかもしれません。

今年の登録馬を見ると、マイラーで前走重賞という格をもった馬は少ない印象。
そうなると、人気ですが

グレーターロンドンとサトノアレス

が中心になりそう。この2頭を軸に少点数で当てたいところです。

そのほかで気になる馬としては…

ウインガニオン
この馬は、好走が完全に夏場に偏っているという非常にわかりやすい季節馬。暖かくなりはじめたこの時期が狙い目。休み明けが走らないという懸念はありますが、前走、前前走の惨敗で人気が落ちるようなら面白い存在です。

Pocket