Pocket

 

今日の毎日王冠は、

◎9アエロリット→▲5ステルヴィオ→☆1キセキ

でレジまぐ予想3連単的中

最後まで追ってハナ差でキセキを3着にもってきてくれた川田騎手に感謝です。

もう一つの重賞、京都大賞典もこの調子で手堅く当てたいところ。

スポンサーリンク

京都大賞典 予想

本命◎ 2サトノダイヤモンド

古馬になってから調子を落とすのはクラシックを制したディープ牡馬の典型。

この馬もまさにそのパターンで凱旋門賞後に不振に陥りました。

とはいえ、GIIの金鯱賞では前の馬に届かなかったものの後方からただ1頭追い込んできて3着。

GIIレベルならそんな状態であっても馬券内に入ってこれるのです。

今回はそのGII戦で、かつ春よりも調子は戻っていそうでこの馬に逆らうことはできないでしょう。

さらにこのレースは、2400m戦ながら中距離向きのスピードが要求されるレースでこの馬にマッチしています。

小回りで敗れた近2走から外回りコースに替わってさらに確度は高まりそうです。

 

 

対抗○ 8シュヴァルグラン

重賞で馬券内を外したのはすべて小回りコース。さらにそのうち3つは2200m以下の中距離レース

それ以外のレースならやはりGI級の能力を持っているだけの実績を誇ります。

スローの瞬発力勝負になりやすいこのレースはどちらかというと中距離指向。それに休み明けも相まって去年は3着。

今年も同様のことが言えますが、相手関係を考えるとこれより印を下げることはできません。

いくら叩き台とはいえ他馬とは力が違いすぎるように思います。

2400m戦で今ノリにノッている長距離得意の友道厩舎だけに凡走は考えられません。

 

 

穴馬☆ ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

GII・GIIIでは好走を連発していますが、GIでは複勝圏に入ることもほとんどなく。

この理由として考えられるのは、スローペース巧者でGIの厳しい流れでは力を発揮できない、もしくは少頭数レースのほうが得意、のどちらかでしょう。

いずれにしても今回は、少頭数でスローペース濃厚と条件が好転することは確実。

ここ5戦はすべてGIで着順的に衰えたと見られがちですが、単純に苦手条件だったという側面もあるわけで。

得意のGII戦替わりで人気も落ちるここは絶好の狙い目。

たとえ衰えているとしてもこのメンバーなら十分馬券内に入ってくるでしょう。

 

 

△ 4レッドジェノヴァ

初の関西圏遠征や外回りコース経験の少なさなど不安要素も多い馬。

それらの経験をしてこなかったのは、陣営が厳しい戦いになることを分かってのものなのかもしれません。

それでも今回の相手関係で、開幕週の内伸び・前有利が特徴のレースとなればこの馬の馬券内のチャンスも出てくるでしょう。

母父ホワイトマズルというと、スマートレイアー、プラチナムバレット、カツジなど京都重賞での好走歴がある馬もおり実は京都コースが合う可能性も。

さらに注目は休まずにレースを重ねることで成績を上げる典型的なロベルト系の馬であること。

休み明け4戦目となる今回は、前走よりさらにパフォーマンスをあげてくることが考えられます。

馬場を味方につけて未知の要素をプラスに変えることができれば、好走も大いにあるでしょう。

 

 

買い目はレジまぐで公開中です↓

スポンサーリンク
Pocket