Pocket

出走各馬の評価

アドマイヤゴッド

北海道開催で須貝厩舎岩田騎手となれば期待してみたくもなる馬。

前走1400mGIIで勝ち馬と0.4差なら、距離短縮・格下げで一気に馬券内に入ってくる可能性も十分あると思います。

OPでも掲示板に乗ってきた馬なので侮ることはできません。

キングハート

去年の2着馬ですがローテーションは全く異なり前走高松宮記念からの参戦。

このローテをとった馬は総じてきつく、スプリント戦において一息入れてのレースはやはり不安だと言わざるを得ないと思います。

ジューヌエコール

去年は3歳牝馬で50㎏の斤量を生かして勝利。50㎏で挑める3歳牝馬はこのレースでかなり好相性。

今年は4㎏重い斤量でのレースとなりますし、ここ最近の大敗ぶりをみてもここから牝馬が立て直すのは難しいように思えます。

 

セイウンコウセイ

去年の敗北が函館にしては異例の高速馬場だったからだとすると、今年はさすがに例年通りの時計のかかる馬場になるはずなので好走を期待してもよいのかもしれません。

ローテーションも京王杯を使っているところには好感がもてます。

ただGIを制したときより衰えているのはたしかだと思いますし、ヨーロッパ色がほとんどない血統を考えても去年の4着が単純に洋芝が合わないだけの可能性もあります。

 

ダイアナヘイロー

逃げ馬らしく勝つか大敗かの馬ですが、早い時計勝負のほうが向いているように思います。

今年の函館コースでそれを求めるのはおそらく難しく、また今回は逃げ・先行馬が多いためこの馬にとっては厳しい展開となるでしょう。

 

ナックビーナス

近走の実績で見るなら間違いなく一番の馬で、予想オッズ1人気なのもうなずけます。

それでもやはり気になるのは、520㎏の馬体で高松宮記念から一息入れての出走となる点。このパターンで人気馬がほとんどやられているので過度な期待は禁物。

このレースから出走となるとサマーチャンピオンを狙っている可能性が高いので次走も加味してのレースとなりそうで、全力投球はしてこないでしょう。

 

◯全体的にみて危険な人気馬ばかりという印象。人気薄の馬にも十分チャンスはあるでしょう。

Pocket