Pocket

 

天皇賞 (秋) 出走各馬の評価(2)

レイデオロ

3歳時はすべて根幹距離のレース出走で結果を出してきた馬だけに非根幹距離は苦手のはず。

それでも前走非根幹距離のオールカマーではかなり緩い仕上げの中で勝利。能力の高さに疑いようはありません。

実は上り33秒台を記録したのはダービーの1回のみで、脚質もどちらかというとロングスパートを得意とする馬。末脚勝負の天皇賞秋のイメージとは異なります

しかし、天皇賞秋を熟知した藤沢厩舎所属、そして何より鞍上はこの馬を知り尽くしているルメール騎手

勝つための策は考えているでしょうし、追いきりでのトラブルももはや関係なさそうです。

 

スポンサーリンク

ダンビュライト

良績が小回りコースやスタミナ必須の中山2200mに集中しているように、瞬発力勝負では分が悪いのは明らか。

普通に考えればここで買うべき馬ではないでしょう。

ただ、大阪杯、宝塚記念、オールカマーと近走すべてのレースで見せているように4角でスムーズさを欠く面があるのがこの馬の特徴。

それは単純に他馬から不利を受けているという捉え方もありますが、これだけ頻発するとエンジンのかかりが遅いというのが主たる原因ではないかと考えられます。

(ルーラーシップ産駒の特徴 / 距離適性や得意コースと激走条件)の記事でも述べているとおり、これはルーラーシップ産駒にありがちな短所。

だとすると、エンジンのかかりをカバーできる直線の長い東京コースに替わるのはむしろプラスになる可能性も考えられます。

現に前走中山コース→東京コース替わりはルーラーシップ産駒の激走条件のひとつ。

逃げ・先行馬がほぼいない今回の状況で先行すれば意外と面白い存在になるかもしれません。

 

 

ヴィブロス

この馬の適性距離は1800~2000mで、2200mになるとかかる面があります。

去年のエリザベス女王杯、前走の宝塚記念はそれが原因での敗戦。

今回はもちろん守備範囲内の距離で、切れ味勝負のディープ産駒だけにこの舞台は最適といえます。

秋3戦の予定の中で、どれだけここで仕上げてくるかが鍵。

ひとつ気になる点があるとすれば56㎏の斤量

小柄なために斤量の影響を受けやすく、56㎏以上になると分かりやすく成績が下がっている点は注意が必要です。

 

 

アルアイン

ディープ産駒ながら33秒台の上りを記録したことは少なく、前目につけてレース上りなりの上りで好走してくるタイプ。

スローの瞬発力勝負になるならこの馬自身も33秒台後半ぐらいの上りは使ってきそうですが、さらにキレる馬が多いここではさすがに都合が悪いと言わざるを得ません。

内回りコースや中山2200などの非根幹距離で輝くディープ産駒だけに適性のズレは否めず…。

クラシックを勝ったディープ牡馬は古馬になってから成績が下降することは有名で、そういう意味では比較的頑張っているといえるでしょう。

そこにはサトノダイヤモンドで一度それを経験した池江厩舎のなりの工夫も関係しているのかもしれません。

しかし、そのサトノダイヤモンドが調子を崩したのは海外遠征後。アルアインも2走前の海外戦が下降線への引き金となる可能性はあるでしょう。

実際、前走は2着でしたがそのときの調教は明らかに調子が悪い馬のそれで、本番のここでもそれを引きずっていることは考えられます。

そういった状況だけに連続好走はなかなか考えにくいように思います。

 

 

激走穴候補 ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

菊花賞後は凡走続きで激走の影響があったと言われていますが、そもそもコース適性が全く合わなかったというのも敗因の一つ。

実際、菊花賞以前は中距離戦でバリバリのキレ味で勝負していた馬で、上りのかかる日経賞や宝塚記念では走れなくて当然といえます。

そんな中で前走は、中距離の直線勝負というまさにこの馬の得意条件に戻って好走。それも他の馬より2㎏重い斤量を背負ってのもの。

その条件でこその馬だというのは明らかでしょう。

今回も前走同様、中距離の直線勝負レース。菊花賞激走による疲労の心配がなくなった今、道中溜めていけば爆発的な末脚が発揮されることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク


最強競馬ブログランキングへ

Pocket