Pocket

 

安田記念に関するその他の記事はこちら
(安田記念2018 注目は外枠のディープインパクト産駒)

鳴尾記念に関する記事はこちら
(鳴尾記念2018 ポイントと注目馬 / 使い続けることで能力を発揮するタイプの馬)

 

マイルCSの覇者ペルシアンナイトやヴィクトリアマイル2着のリスグラシューに加えて大阪杯の勝ち馬スワーヴリチャードが電撃参戦する今年の安田記念。

実力のある牝馬の出走も相まってなかなか予想のしごたえのあるレースとなりました。
果たしてどの馬が戴冠を手にするのでしょうか。

 

《ポイント》

安田記念は、過去の好走馬が来やすいレース(リピーターレース)でありますが、今年は去年の1,2,3着馬で出走するのは、短距離が主戦のレッドファルクスのみ。この点についてはそこまで意識する必要はなさそうです。

それよりも抑えておきたいのは、前年のマイルチャンピオンシップで3着内に入った馬ががんがんとんでいくこと。

2016年のマイルCSで2着のイスラボニータは次の年の安田記念で1人気8着、2014年のマイルCSで1着のダノンシャークは次の年の安田記念で5人気10着、2着だったフィエロは翌年の安田記念で2人気4着、2013年のマイルCSで1着のトーセンラーは翌年の安田記念で14着
といったようにマイルCSの好走馬は安田記念でことごとくとんでいくのです。

逆に、マイルCSで走らなかった馬が台頭しており、サトノアラジンロゴタイプクラレントなどの馬が前年のマイルCS馬券外から安田記念で好走しています。

要は、京都マイルと東京マイルで問われる適正が異なるということ。東京のマイルは他の競馬場のマイルよりスタミナが要求されるといいますが、その言葉通りの傾向が表れているということでしょう。

東京巧者の馬と京都巧者の馬を見極めることが大切になってくるということです。

これらのことから、去年のマイルCSで1着のペルシアンナイト、3着のサングレーザーは人気を背負いそうですが、過信は禁物といえます。

 

《注目馬》

リスグラシュー

牝馬ですが、気になるのはこの馬。3走前、東京新聞杯は強い競馬での勝利。アルテミスS、東京新聞杯、ヴィクトリアマイルと東京マイルの実績は間違いなし。開催が進んで、差し馬場に転じてくるのは有利に働くでしょう。

また、前走は1番人気を背負ったレース。ハーツクライ産駒は1人気で2着になるのが非常に多いのです。そういった意味では今回人気がある程度落ちそうなのはプラスに働くと思います。

心配なのは、もちろん相手関係。そして、斤量56キロも初めて背負う重さです。
さらに、ヴィクトリアマイルをメイチで仕上げていたことなど、不安も多いのが本馬。体調も含めて吟味する必要があります。

 

ウインガニオン

この馬は、マイルCSで走らなかった馬のうちの1頭ですが、原因は京都が合わないというよりは、むしろ季節が合わなかったというのが大きい気がします。

寒い時期は走らず、暑い時期に走るという典型的な季節馬。そうなると、季節的に激走してもおかしくなさそうで、さらに叩き2戦目。左回りも得意。

格という点ではかなり落ちる馬で、人気も全くなさそうですが、一発を狙うならこの馬だと思います。

 

アエロリット

東京マイルが得意な馬の筆頭格はこの馬。前走は、苦手の稍重馬場で4着に沈みましたが、良馬場なら状況は一転するでしょう。

牝馬なので、リスグラシュー同様、初めての斤量を背負うのは心配ですが、牡馬相手に通用することは中山記念で証明済み。ハイペースになりやすく、開催も進んだこの時期なら、控える競馬をするのも面白いかもしれません。

ヴィクトリアマイルに照準は合わせていたと思いますが、明け2戦目なのでまだまだ元気だと思います。

 

安田記念に関するその他の記事はこちら
(安田記念2018 注目は外枠のディープインパクト産駒)

鳴尾記念に関する記事はこちら
(鳴尾記念2018 ポイントと注目馬 / 使い続けることで能力を発揮するタイプの馬)

Pocket