Pocket

 

《枠順》

1 スワーヴリチャード   Mデムーロ
2 サトノアレス      蛯名
3 ダッシングブレイズ   北村宏
4 アエロリット      戸崎圭
5 ペルシアンナイト    川田
6 レーヌミノル      和田
7 ウエスタンエクスプレス クリッパートン
8 キャンベルジュニア   石橋脩
9 レッドファルクス    田辺
10 モズアスコット     ルメール
11 リアルスティール    岩田
12 ヒーズインラブ     藤岡康
13 ブラックムーン     秋山
14 リスグラシュー     武豊
15 サングレーザー     福永
16 ウインガニオン     津村

正直、非常に難解なレースとなりました。どの馬が馬券内に入ってもおかしくないと思います。人気馬を見ても荒れる要素はかなりあると思います。

 

《予想》

◎ 4アエロリット

前走ヴィクトリアマイルは苦手の稍重馬場の影響で馬券外となりましたが、むしろその馬場+落鉄で4着に粘ったことは評価できると思います。

今回はおそらく高速の良馬場パフォーマンスをあげることは間違いないでしょう。中2週とはいえ前走は2か月以上間隔をあけてのレースで疲労はそこまで問題ないでしょう。

牡馬相手に通用することは中山記念でも証明済みで、馬格も牝馬ながら500キロを超える体重です。
積極騎乗をすれば勝つチャンスは十分にあると思います。

 

○ 15サングレーザー

マイルCSで好走していたり、マイラーズCでレコード勝ちしていたりと京都巧者タイプであることはたしか。こういった馬はほとんどが安田記念で凡走しています。

ただ、今年の安田記念が高速馬場になるのなら、血統的にもこの馬に適正は向くはず。そして最も注目したいのは枠順。ここ最近馬券になっているディープ産駒はすべて外枠(7,8枠)の馬
これが最大の決め手であります。

勢いのある鞍上に引っ張られて開花した素質を見せつける時が来たような気がします。

 

▲ 2サトノアレス

これまでの実績をみても東京向きであることは間違いないと思います。こういったタイプが好走しやすいのが安田記念。

また、昨年秋以降、全て東京コースを選択していることからも安田記念を狙っていることがうかがえます。

外枠であればおそらく本命にしていたと思います。懸念点は内枠に入ったことで、外枠以外のディープ産駒は過去5年で1頭も馬券になっていません。ですが、近走は常に内枠に入って好走してきましたので問題はないと信じて3番手評価とします。

GI勝利実績もある本馬がここで穴をあけてくれることを期待しています。

 

安田記念に関するその他の記事はこちら
(安田記念2018 マイルCSで馬券内の馬が危険なレース)

(安田記念2018 注目は外枠のディープインパクト産駒)

 

《買い目》

非常に難解で、人気馬のスワーヴリチャードやペルシアンナイトも個人的には信頼がおけない状態。
さらに、人気薄の馬も十分馬券内に入ってきそうです。

ということで、普段は3連系の馬券を中心に買っていますが今回はワイド、馬単にしようと思います。

ワイド

4アエロリットから、2サトノアレスと15サングレーザーへ2点。
4 – 2 , 15 各2000円

馬単

2 , 4 , 15 のボックス6点 均等払い戻し買い

これでいきたいと思います。

 

〈平場レースの予想はこちら〉

東京3Rを予想!

レジまぐ 回収率重視の競馬予想

 

Pocket