Pocket

 

出走各馬の評価

ミッキーロケット

昨年秋以降、京都を中心に使われてきたのは直線で坂がないコースのほうが良いパフォーマンスを出せると陣営が判断しているからかもしれません。

それでも坂がある阪神コースで成績が大きく落ちるかというとそうでもなく、馬場と状態次第では圏内にいる馬であると思います。

前走の天皇賞・春が枠に恵まれての4着なのは事実ですが、今回はそのときより状態はよさそう

ここで一発あっても不思議ではありません。

 

ストロングタイタン

宝塚記念は鳴尾記念からのローテの馬の成績が良く、ほとんどは人気より走っています

GIIIということで過小評価されがちですが、あなどれません。

これまでは小回りの平坦コースで良績を残してきましたが、前走鳴尾記念で坂のある阪神コースで重賞を制しました。

これが馬自身の成長であるとしたら注意は必要だと思います。

初斤量ですし2200mも走ったことのない距離ですが、充実期を迎えてそうなこの馬が穴をあけてくる可能性はあるでしょう。

スポンサーリンク

 

ダンビュライト

AJCCは日本人騎手で善戦からの外国人騎手に乗り替わりで1着というある種鉄板化したパターンで制した本馬。

この勝ちや3歳時の成績が示すように、小回りでパワーのいるコースを得意としています。

それならこの宝塚記念も合うだろうと考えるのが普通で、好走が期待できます。

問題はやはり状態面。

大阪杯から中3週でクイーンエリザベス2世Cという過密ローテでキタサンブラックもやられた「見えない疲労」がなければいいですが…。

それさえ大丈夫であれば、善戦マンだけにここも期待したい一頭。

 

サトノクラウン

ここ3走の凡走が良馬場だったからと結論づけてしまうこともできますが、単純な衰えであったり不良馬場の天皇賞・秋激走の疲労残りということも当然考えられます。

それを考えると、いくらこの宝塚記念が格好の舞台であるとはいえ不安要素のほうが大きいように思います。

そしてもう一つの不安要素はここまで外国人騎手で結果を出してきた馬が今回、日本人騎手に乗り替わること。

このパターンで凡走する馬はリアルスティールしかり、少なくはないと思います。

 

ワーザー

血統面から考えて日本のGIの中だと、馬場が渋りやすく瞬発力よりパワーが要求されやすいこの宝塚記念は最も良い選択だと思います。

香港で年度代表馬になったことがあったり、香港Cでもステファノスやネオリアリズムに先着していたりと能力面でも普通に通用しそうです。

それでも輸送による影響はやはり心配で、日本馬の海外遠征はかなり確立されてきた感はありますが、香港馬が日本に来ることは意外と少なく今回は探り探りという感じになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
Pocket