Pocket

 

競馬予想のブログを始めて以来的中がなく、函館スプリントSも本命ライトフェアリーが大凡走。

流れは非常に悪いですが、惑わされず自分のやり方を貫いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

宝塚記念 展望

今年の宝塚記念は核となる馬がおらずかなりの混戦模様

サトノダイヤモンドも大阪杯のあの状態を見るとどれだけ体調が戻るか次第といったところ。

このメンバーなら少しの位置取り、馬場状態、枠順など少しのことで着順も大きく変わってきそう。

特に馬場状態によってパフォーマンスが大きく変わってくる馬も何頭かいるので、天候には注意しておきたいところ。

 

 

現時点での軸馬候補

ヴィブロス

父ディープ×母父マキャベリアンのこの配合はデニムアンドルビーマリアライトなどと似ており宝塚記念にあうはず。姉のヴィルシーナも過去のこのレースで3着に入っています。

牡馬相手にも通用することはドバイシーマクラシックで証明済み。

おそらくここメイチでくるはずでかなり期待しています。

 

パフォーマプロミス

宝塚記念や有馬記念のいわゆるグランプリでは根幹距離とは異なる適正が問われ、この距離だからこそ浮上してくる馬がいます。

その意味で注目したいのがこの馬。ステイゴールドは言わずと知れたグランプリの申し子的種牡馬で本馬も2200m、2500mといった距離で結果を出しています。

前走は叩きの1戦でここを狙ってきているのは明らか。

58㎏は初斤量で不安もありますが、今週の天候も含めて期待している一頭です。

スポンサーリンク
Pocket