Pocket

 

新潟記念2018 出走各馬の評価(2)

ショウナンバッハ

もう7歳の高齢馬。いっときからの衰えはやはり隠せず…

ただ、ここ5戦は中山もしくは福島でパワーのいるコース。

マイルや長距離なども使われてなかなかどこにツボをもつのかわからない馬ですが、個人的には中距離左回りがベスト条件ではないかと思います。

馬場が渋ったときの新潟記念はステイゴールド産駒が台頭しやすいのは事実でそういった意味ではこの馬にもチャンスはあるのかもしれませんが、相手関係を見るとやはり馬券に加えづらい、そんな馬です。

 

 

スズカディープ

この馬に関しては新潟記念でディープ産駒だから買い、という理由だけで十分なように思います。

ここまで中央の3勝はすべて小倉でのもの。ディープ×母父ボールドルーラー系の馬らしい成績といいますか、やはり平坦コースでこそという馬。

新潟芝は初ですが、平坦で直線の長いコース格上挑戦でディープ産駒の本領を発揮する可能性は十分。

ただでさえ人気薄のディープ産駒が圧倒的に強い新潟記念ですから相手としては入れておきたい馬。

 

スポンサーリンク

グリュイエール

この馬もスズカディープ同様ディープ産駒なのでマークはしなければならない馬です。

ただ、道中多少騎手が乗りづらそうな面を見せるときがあるのは気になるところで、手の合っていた福永騎手から戸崎騎手への変更は不安材料。

また、前走から距離短縮時に結果を出してきた馬でその意味では距離延長となる今回はさらに騎手が乗りづらくなって凡走という可能性もぬぐい切れないでしょう。

いずれにせよディープ産駒という点以外は、他馬が付け入るスキが十分にある馬です。

 

 

マイネルミラノ

休み明け何戦目かでポンと成績を伸ばす馬。

明け3戦目となる今回がその成績が伸びる回になる可能性もあるわけですが、前走にしてもそれまでの丹内or柴田騎手から田辺騎手へと変わっているのを見ると、陣営も衰えたこの馬に対してもう期待していないのかもしれません。

長く活躍してきたこの馬の引退が近づいてきていることを表しているように思います。

 

 

激走の可能性が高い馬

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

3歳時のスプリングSでの好走、逃げ・先行型の馬ということから小回り条件のほうが合うのではないかと目がくらみがちですが、実際は広いコース向き馬。

ここ3走はすべて小回りでパワーのいるコースとこの馬にとってはしんどい条件。

そしてもうひとつの好走条件は楽に逃げることができるか

本来は逃げたい馬で、同型がいた場合は番手に控えることが多いですが凡走が目立ちます。

今回は強いていうならマイネルミラノが逃げるかどうかですが、主戦騎手の動向からも、おそらくこちらに焦点を当ててきており楽に逃げれるのではないかと予想。

様々な条件が向くこのレースでの激走の可能性を秘めた馬です。

Pocket