Pocket

《枠順》

1 ダノンプレミアム        川田
2 タイムフライヤー       内田博
3 テーオーエナジー       藤岡康
4 アドマイヤアルバ       丸山
5 キタノコマンドール    Mデムーロ
6 ゴーフォザサミット    蛯名
7 コズミックフォース    石橋修
8 ブラストワンピース    池添
9 オウケンムーン          北村宏
10 ステイフーリッシュ  横山典
11 ジャンダルム           武豊
12 エポカドーロ          戸崎圭
13 グレイル                岩田
14 エタリオウ             ボウマン
15 ステルヴィオ          ルメール
16 ジェネラーレウーノ  田辺
17 ワグネリアン          福永
18 サンリヴァル          浜中

 

《予想》

6ゴーフォザサミット

ウインバリアシオンとは血統構成が非常に似ており、父ハーツクライ×母父ストームバード系。そして、ダービーまでの戦績も、下級条件2連勝→重賞連敗→青葉賞1着と非常に似ているのです。

そのウインバリアシオンはダービー2着でした。本馬にも2着を期待しての本命指名とします。ハーツクライ産駒らしくスタミナはもちろんあるのですが、速い上りを繰り出せるのもこの馬の魅力。前走青葉賞は、好スタートから中団やや前につける展開。これは、蛯名騎手によるダービーを意識してのものだと思います。

今回も鞍上は蛯名騎手。ベテランの手綱さばきがダービーという大舞台では必要となってくるはずです。

 

5キタノコマンドール

まだデビューから3戦しかしていませんが、能力は間違いないでしょう。池江厩舎がとってきた間隔をあけたローテーションはダービーを意識してのものでしょう。

前々走すみれSと前走皐月賞の位置取りからも、この馬がダービーでの道中ベストポジションにつけることができる可能性は高いとみます。瞬発がメンバーでもトップクラスなので皐月賞からの巻き返しは必至でしょう。

そもそも皐月賞で5着以内に入らなければダービー出走はありませんでした。それをハナ差で射止めたのですから運を持った馬であります。こういう運を持ち合わせた馬がダービーでは輝くもの。デムーロ騎手もここはかなり狙ってくると思います。

 

1ダノンプレミアム

今回のダービーにおいて最も読めないのはこの馬だと思います。1着も十分にありえますし着外もあると思います。

絶対能力が最も高いのはこれまでの実績が示すとおりで絶交枠もひけましたが、脚部不安の影響がどの程度あるのかや皐月賞を回避したことでどうなるのかは全くわかりません。
こういう馬は相手として無難に入れておくのが良いかと思います。

 

8ブラストワンピース9オウケンムーン13グレイル17ワグネリアン

これらの馬の評価に関してはこちらから
(日本ダービー2018 ダービーのベストポジションを掴むのはどの馬なのか)

(日本ダービー2018 ダービーのベストポジションを掴むのはどの馬なのか / 注目馬(2))

(日本ダービー2018 出走各馬の評価 (3) / ダノンプレミアムなど)

 

《買い目》

3連複
5 – 6 – 1, 8, 9, 13, 17 5点    買い方は均等払い戻しで。

3連単
6ゴーフォザサミットを2着固定で
1, 5 → 6 → 1, 5, 8, 9, 13, 17 10点

で買う予定です。

Pocket