Pocket

日本ダービーに関する他の記事はこちら
(日本ダービー2018 ダービーのベストポジションを掴むのはどの馬なのか)

(日本ダービー2018 ダービーポジションを掴むのはどの馬なのか / 注目馬(2))

《各馬の評価》

ダノンプレミアム

今年のダービーが混線となったのは、まぎれもなくこの馬の皐月賞回避が原因でしょう。

デビューから弥生賞までGIも含めて4連勝。皐月賞では、間違いなく中心となるはずの馬でした。それがまさかの脚部不安による回避となり、不本意にダービー直行をとる形となりました。

能力に疑いようはありませんが、果たしてダービーで勝てるかというと当然不安はあります。そもそも脚部不安による影響がもうないのかもわかりません。
また、地味に不安なのが脚質。先行タイプで断然人気を背負うであろう本馬が、東京の長い直線で早めに抜け出せば格好の目標になるはず。マークをしやすい存在なわけです。

父ディープ×母父インティカブはダービー2着のサトノラーゼンと同じ。奇しくも枠番も同じです。有利なこの枠ならといきたいところですが、このようなローテでダービーをとれるのかという疑問のほうが大きいです。

 

ステイフーリッシュ

前々走共同通信杯の敗因が体調面なのは明らかで、休みをとって迎えた京都新聞杯は能力の高さを証明するかのような勝利。ただ、レベルの低かったホープフルSで3着のこの馬が勝ってしまったのは、京都新聞杯のメンバーレベルが低かったと言っているようなものだと思います。

さらに、前走戻してきた馬体重を今回の調教後再び減らしているようで、それではまた前々走と同じような体調に戻っていそう。そんな繊細な馬に騎乗するのはテン乗りの横山ジョッキー。大胆な策にでる気がしますが、そんな体調の馬がそれに応えられるのかというとかなり厳しいと思います。

 

エポカドーロ

皐月賞は展開の利を借りたとはいえ見事な勝利。道中、前の3頭とはかなり離れていましたがそれをあの位置で待てたというのはこの馬の気性的な賢さがあってのものだと思います。ラッキーライラックにしても、エポカドーロにしても走るオルフェーヴル産駒はなぜか賢い馬ばかり。気性面で父の面影があまりありません。

そういった一定の評価はしますが、今回の馬場状態、脚質、そして血統構成を考えても小回りの皐月賞は走れても広い東京コースに変わるダービーで上位評価はできません。もっと3着内に入りそうな馬はいっぱいいると思うのです。

 

ジェネラーレウーノ

皐月賞であのペースで引っ張っての3着はかなり価値があると思います。まだ能力の底を見せていないようにも思えますが、ローテーションを見るとおそらくダービーには照準を合わせてきてはいないでしょう。皐月賞の前2走、葉牡丹賞と京成杯はどちらも中山2000mで皐月賞と同コース。これは明らかに皐月賞を狙ってのものだと見えます。

ダービーを目標にしていない馬がダービーで好走するのはおそらく難しく、また皐月賞の稍重馬場激走の影響が残る可能性もあります。

この馬にはもう一つ、スクリーンヒーロー産駒という懸念点があります。スクリーンヒーロー産駒といえばモーリスやゴールドアクターのように晩成型の馬が多いのですが、本馬は逆に早々から活躍しており、というより無理にそうさせている可能性があり今後の成長力が削がれているように思えてなりません。
今回は馬券内も厳しいという評価です。

 

サンリヴァル

ここまではどのレースでも善戦しており、まるで同じルーラーシップ産駒のダンビュライトのよう。そしてその共通点はどちらも先行馬だということです。

そして、出走してきたレースはコース形態上、先行馬が有利なレースばかりなのです。中山コースにずっと出走してきたのは、そのコースが有利だから。
ということは、今回の東京コースではこの枠を考えてもこれまでよりかなり厳しい戦いを強いられると思います。

それは、ダンビュライトを見ても分かることで、皐月賞までは常に善戦でしたが少し有利脚質の異なるダービーでは凡走に終わっています。馬券内は厳しいでしょう。

日本ダービーに関する他の記事はこちら
(日本ダービー2018 ダービーのベストポジションを掴むのはどの馬なのか)

(日本ダービー2018 ダービーポジションを掴むのはどの馬なのか / 注目馬(2))

(日本ダービー2018 予想と買い目)

Pocket