Pocket

 

先週の阪神JFは、1着○ダノンファンタジー、2着▲クロノジェネシス、3着◎ビーチサンバで3連複的中でした!

堅い決着とはいえ、相手を絞ったことでそこそこの払い戻しとなりました。

消した4着のシェーングランツはやはり内枠が仇となった形。なかなかアクセルを踏めずでスムーズなら馬券内に入ってもおかしくなかったので今後に期待です。

スポンサーリンク

 

朝日フューチュリティステークス 出走各馬の評価(1)

アスターペガサス

デビューからスプリント戦を連勝。その次走が1400mの京王杯2歳S。

そこで見せた道中かかる姿を見てしまうとやはりどうしても今回のさらなる距離延長はマイナスとしか思えず。

血統にしてもストームキャット系のジャイアンツコーズウェイ産駒に、母系はフォーティナイナーのクロスありとなると、どう考えてもスプリント向けの馬で…。

 

 

ニホンピロヘンソン

リファール系のダンシングブレーヴホワイトマズルというと前向きすぎる気性が特徴で、ときにそれは激走を生むこともあります。

その代表例はつい最近だとマイルCSのカツジ(母父ホワイトマズル)の激走。1800mからの距離短縮と前向きな気性がかみ合った形。

母父にダンシングブレーヴの血を引くこの馬の今回はというと、1400mからの距離延長

1400mでも逃げていたような前向きな気性において、今回の距離延長は激走の条件には当てはまらないでしょう。

 

 

ディープダイバー

未勝利を勝ち上がるのに4戦を要しましたがすべて3着内、そしてOPでは1人気2着で、500万下でも2着

このことから推測できるのは、善戦キャラであること。

要は、なかなか勝てないものの相手なりに走ることができる馬で、それを今回も発揮できれば能力的には足りなくても3着内の可能性はあるといえるでしょう。

ただ、紛れが少なく力どおりに決まりやすいこのコースでそれが発揮できるかといえばそれもまた疑問で、内枠なら一考の余地ありというところが妥当のように思います。

 

 

本命候補A ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

今年の牡馬と牝馬のレベルを比べたときに、粒ぞろいの牝馬に対して牡馬のレベルは高いとは言えないのが現状。

それは今回人気になりそうなアドマイヤマーズ、ケイデンスコール、ファンタジストが出走した前走の重賞の結果からもうかがえます。

それぞれ勝ちはしているものの、アドマイヤマーズはデイリー杯2歳Sでメイショウショウブと0.1差、ケイデンスコールはスティルネスやジョディーと大きな差をつけられず、ファンタジストはアウィルアウェイとのハナ差を制した形。

では、その今回人気になるであろう牡馬たちと接戦を演じたそれらの牝馬のその後の成績はというと、スティルネスに関しては散々で、メイショウショウブジョディーは先週の阪神JFで大差負け

となると、今年の構図はもはや牝馬一線級>牡馬一線級と言っても過言ではない状況。

そして現状、牝馬のトップクラスは阪神JFで勝ったダノンファンタジーであり、そのダノンファンタジーに新馬戦で完勝しているのがこの馬なのです。

そういった構図であることを考えれば、今回この馬が本命候補に浮上するのは当然かと。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PR)

朝日杯FS2017」の指数及び結果です。

1着:ダノンプレミアム  順位1位/指数値09
2着:ステルヴィオ    順位3位/指数値17
3着:タワーオブロンドン 順位1位/指数値09

この指数サイトは指数順位1位~6位,指数値30以下の馬を推奨しています。
先週の阪神ジュベナイルFは1着指数2位→2着指数4位→3着指数3位の上位的中。
無料提供される重賞では指数30以下の入線率が9レース27頭中24頭が指数推奨馬なんです。

正直コラボ指数見るようになってから3着の的中率上がりましたし、
平場でもいい配当くるので全レースコラボ放題プラン月々1,980円かかってもOKなんです。

朝日杯FSは当日会員内北条ブログで無料で見れます。
メール会員になっておいて損はございません。
まずは無料で1~6レースと毎週重賞を見てみてください。サイトはコチラ
グランアレグリア、アドマイヤマーズに絡む1頭をコラボ指数で確認してみてください。
※有馬記念も無料で見れるので今週の朝日杯で実力チェックしてみてください。

Pocket