Pocket

ポイント

過去の札幌2歳Sのラップを見るとチェンジオブペースのあまりないずっと一定に近いラップペースでいえばミドルペース。

2歳の新馬戦などはゴリゴリのスローペースになることが多く、そういったペースの中で勝ってここに参戦してきた馬が沈んでいくのがこのレースの特徴。

 

一方で、前走ミドルペースに近いラップやOPの厳しいペース、1800mより短い距離を経験した馬が有利になります。

去年のファストアプローチダブルシャープ、おととしのトラストブラックオニキスはそのパターンで好走。

 

今回人気になりそうなクラージュゲリエ

前走新馬戦は超ドスローペース。遅すぎて馬が暴れ気味になるほど。

化け物級の可能性もありますが、レース経験的には今回狙うのはあまりにも危険

 

ウィクトーリアも前走強いレースをしましたが、相手に恵まれた完全なぬるま湯競馬。

相手関係、ペースが厳しくなると意外なもろさが出る可能性もあります。

溜める競馬を覚えさせるために道中控えそうなのも不安材料です。

 

 

そんな中で今回好走する上で十分な資質を持った馬がいます。

その馬は・・・人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

前走OP特別で時計のかかる馬場の中で厳しいペースを経験。

負荷のかかるラップの中で勝てたのはここで間違いなく有利に働くはず。

こういった地方馬が活躍するのも札幌2歳Sの特徴のひとつです。

 

買い目についてはレジまぐで公開しています。

Pocket