Pocket

スポンサーリンク

秋華賞 出走各馬の評価(3)

プリモシーン

ローズS、紫苑Sの両トライアルを使わなかった別路線組で、その点の魅力は十分。

NHKマイルCでミス騎乗があったのは事実でそれさえなければもしかしたらGI馬となっていたかもしれません。

そんな素質を示したのが前走関屋記念で、斤量のアドバンテージはあったものの古馬相手に勝ち切ったのは価値があります。

その関屋記念は持続力が問われるレースで、距離は違えどその経験は秋華賞につながるでしょう。

一方で不安要素も多々あり、マイルしか走っていない馬の400m延長、関西輸送初の内回りコースなどがそれにあたります。

NHKマイルC好走馬は後に短距離路線に振れる傾向があり、今年に関しても、距離を伸ばして挑んだギベオン、ケイアイノーテック、カツジは馬券外。距離を短くしたダノンスマッシュは好走という状況。

この馬も距離延長で沈む可能性は示唆されます。

 

 

ダンサール

秋華賞に出走してくる馬たちと全くの別路線できているというのがこの馬最大の魅力であり、未知の部分。

前走こそとんでもない勝ち方をしましたが、それ以前は500万条件のクラシックにも縁のないような馬たちの中でもがいていたような馬。

それだけにその前走で本当に覚醒したのか、それともたまたまの激走なのか

そのあたりは正直わかりませんが、相手が弱かったのはもちろんそうですし、仮にたまたまの激走だとするとその反動は当然ここで来るはずで。

 

 

アーモンドアイ

その強さはルメール騎手が3冠をとれるというほどでよっぽどのものなのでしょう。

春のクラシック2つを見てももはやつけいる隙はなさそう

ライバルたちが回避したり、調整過程でアクシデントあったりという中でこの馬だけは早くから秋華賞直行を明言して仕上げてきました。

そんな状況だけに現状の人気1本かぶりは納得。それでもこれだけ人気されると疑ってみたくなります。

あえて弱点をあげるとするならば、唯一の敗戦が小回りでのレースであること。広い外回りコースでの4戦で圧倒的な強さを見せているのに比べると多少はパフォーマンスを下げそう。

また、ルメール騎手は外回りの緩やかなペースで折り合いをつけるのが上手い騎手で、実は小回りのレースでは差し遅れることも。

これだけの馬でも死角がゼロかといえばそうではないのかもしれません。

 

 

本命候補B ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

古馬混合1000万条件を勝っているという事実は、実は大きな意味を持ちます。

1000万条件2着のウラヌスチャームがローズSであれだけやれていたことを考えると、同条件で圧勝しているこの馬は本番のメンツに入っても上位に食い込む力は十分あります。

圧勝した前走は洋芝ながら時計の出る馬場で、さらに中盤も11秒台の連続で緩まないペース。秋華賞で問われる持続力を備えた馬であることを示しました。

ディープ産駒は相手が強くなるほどその潜在能力を発揮する馬が多く、未勝利勝ち後、ポンポンっと500万、1000万と勝ってきたこの馬はまさにそのタイプ。

同じディープ産駒のミッキーグローリーも同様のパターンで京成杯AHを制しているとおり、本馬も相手が強くなるこの舞台でこそさらなる力を発揮してくるのではないかと思うのです。

スポンサーリンク
Pocket