Pocket

 

スポンサーリンク

 

秋華賞 予想

本命◎ ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

広いコースのみしか出走経験のないこの馬。そのほとんどは直線の追い比べのレースばかりですが、秋華賞は道中ほとんどペースが緩まず持続力も問われるレース。

この父の産駒最大の特徴は、前走よりペースが厳しくなるレースで一変すること。一方でペースの緩むレースは苦手としています。

かなりのスローになったオークスでパフォーマンスを下げたのはこのため。

となるとこの秋華賞が、この馬がこれまで出走してきたレースの中で最も高いパフォーマンスを示すレースとなったとしてもおかしくありません。

苦手条件でも一線級として活躍してきましたから、ここでのさらなる爆発によってアーモンドアイの3冠を阻む可能性を十分秘めているといえます。

 

 

対抗○ 13ミッキーチャーム

未勝利勝ち後、一気に階段を駆け上がってきた姿からは、相手が強くなるほどパフォーマンスをあげるディープ産駒の特徴がはっきりと表れていることがわかります。

さらに相手の強くなるここでもその特徴が発揮されるという期待は大いにもて、圧勝で勝ち上がってきた1000万条件よりさらにパフォーマンスをあげるようなら確実に上位に食い込んでくるでしょう。

前走の藻岩山特別は時計の出る馬場で、道中のペースが速かったレース。そのレースでの好走は、道中の追走力も要求されるこの舞台でも確実に生きてくるはずです。

 

 

▲ 11アーモンドアイ

圧倒的な実力、仕上がり具合などを考えれば、当然この馬の1着の可能性は高いでしょう。

それでも本命にしなかったのは、やはり内回りコースに対する不安を拭えないから。

唯一の敗戦は小回りの1400m。1400m戦とリンクしやすいこのレースだけにこれまでよりパフォーマンスを落としそう。

ルメール騎手も道中緩んだペースで馬と折り合うのが上手い騎手で、広いコースのほうが得意。小回りだとエンジンをかけるのが遅れることも

絶対能力は抜けているとしても、馬・騎手ともに適性面で不安をかかえるとなると、他の実力馬が最高の適性を示したときに逆転されてもおかしくないと思えるのです。

 

 

☆ 10オールフォーラヴ

速い上りを使えないこの馬が得意とするのはハイペース戦で、スローの上がり勝負となったオークス、ローズSは完全な苦手条件。

そのローズSの道中で見せた、緩んだペースを嫌がる姿はまさしく秋華賞の速いラップ向き。内回りで道中緩まず、上がりもかかるこの舞台でこその馬でしょう。

母父にもつキングマンボの血はこのレースの最重要血統でさらにディープ産駒と血統面の後押しも抜群。

人気からみても最も爆発を期待できるのは間違いなくこの馬です。

 

 

△馬、買い目等はレジまぐで公開中です。

スポンサーリンク
Pocket