Pocket

スポンサーリンク

菊花賞 予想

本命◎ ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

3000mという全頭が未知の距離だからこそ起こるのが前目の内で立ち回った馬の台頭。

過去にも多くの馬がそれにより馬券内に。

この馬はまさにその前目の内側をうまく立ち回るタイプの馬で、神戸新聞杯はまさにその競馬で粘り込み。

スローとはいえそれなりのスタミナを要し、さらに後ろからでも届きやすい神戸新聞杯での好走は大きな価値をもちます。

大幅馬体重増でのあれだけのパフォーマンスですから仕上げてくるここはさらなる能力を発揮してくるでしょう。

好枠をひいた今回も同様の競馬で好走してくれるはずです。

 

 

対抗○ エポカドーロ

ダービーの結果を見てもわかるとおり、今年の3歳牡馬の力関係は非常に拮抗しています。

そんななかで消耗戦となった皐月賞、その次走ダービーと連続好走しているのはこの馬ただ1頭。並の馬ではないことは明らか。

速い上りの使えないこの馬にとって前走のスタート後のアクシデントは致命的で4着敗戦も仕方ないといえます。

それにより差し競馬は向かないことがはっきりしたのは不幸中の幸い。今回は意志をもって先行してくるはずです。

本番の本気仕上げに定評ある藤原厩舎ならこの馬を一変させてくるでしょう。

 

 

▲ 9エタリオウ

ダービーでボウマン騎手の後方競馬により末脚が覚醒。それを受け継ぐようにして前走もデムーロ騎手が末脚を引き出し好走。

ただし菊花賞は後方にいては届きにくいレース。さらに騎手を騎乗停止に追い込んできた斜行癖ありと2つの壁が立ちはだかるこの馬。

GIのデムーロ騎手なら何かしらの策をとってくるはずです。元々は前目競馬や捲り競馬をしていましたがそれでは持ち味は生きずというところ。

あの末脚ならむしろ騎手がどれだけ追い出しを我慢できるかにかかっているのかもしれません。

そしてそれをやってのけそうなのがデムーロ騎手でもあります。

 

 

☆ 2グレイル

ハーツクライ産駒といえば左回り得意というイメージですが、この馬は逆で右回りしか走れない馬。

実際右回りのレースでは常に強い競馬をしており、皐月賞にしても本来なら3着には入っていたという走りでした。

長距離得意ハーツクライにスピードの母父ロックオブジブラルタルという配合は近年の良馬場菊花賞での好走血統にマッチ。

右回りならすべて人気より走っているとおり、人気薄のここでこそ狙うべき馬です。

 

 

△馬、買い目についてはレジまぐで公開中しています。


スポンサーリンク

Pocket