Pocket

 

先週の秋華賞は本命ラッキーライラックで馬券もはずれでした。

切り替えていきたいと思います。

 

今週の菊花賞は超難解。枠や展開ひとつで変わってきそう。

ダービーの着差を見てもわかるように今年の3歳牡馬は全体的なレベルは高いものの抜けた馬がいないのが特徴です。

スポンサーリンク

菊花賞 出走各馬の評価(1)

オウケンムーン

この馬が得意とするのは非根幹距離。春のクラシック2戦で惨敗しているように根幹距離になるとパフォーマンスを落とします。

その特徴あっての前走の非根幹距離セントライト記念5着ですからそこからパフォーマンスをあげてくるとは考えづらく。

クラシック向きの馬ではない上にこのレースに絶望的な相性の関東馬となると栗東滞在でもさすがに今回は苦しいでしょう。

 

 

ジェネラーレウーノ

セントライト記念を勝ったあたりから名馬キタサンブラックの戦績と比較されることが多く、菊花賞もキタサンと同じように勝つのではないかと言われています。

ただ、キタサンブラックとこの馬の決定的な違いはキタサンは関西馬であるのに対し、こちらは関東馬であること。

こと菊花賞においてこの差は非常に大きく、人気の関東馬が次々に打ち砕かれてきたこのレースで関東馬を本命視するのは危険。

その不安あってか今回は栗東滞在で挑むということでそれがどうでるかでしょう。

初の関西遠征、初の京都コースと未知の部分も多く、純粋に中山専用機であるという可能性も消えておらず。

またこの馬は、一般的な逃げ・先行馬が嫌う厳しいペースでこそ真価を発揮する馬で、それは皐月賞の内容を見ても明らか。長距離の菊花賞においてそういった展開になることは考えにくいのもマイナス材料でしょう。

強いのは間違いありませんが、重い印を打つには不安要素が多すぎるような気もします。

 

 

ステイフーリッシュ

速い上りを使える馬ではなく、京都新聞杯で勝っているのもこのレースがそういった鈍足馬が強いレースだから。

速い上りを使えないため前に行きたいというのが正直なところですが、スタート後の行き脚も速いわけではありません

要するに展開の利あってこその馬で、前走は休み明けというのはもちろんそうですが、スローの直線勝負では分が悪かったというのもまた事実。

神戸新聞杯での前につけたポジション取りはおそらく先行有利の菊花賞に向けてのもので、仕上げていなかったのを見ても完全にここに照準を合わせてきています。

多頭数のGIで前に行きたい馬も多い中で先行できるのかという疑問はつきますが、過去5年でバンデ、リアルスティールの2頭馬券内馬を出している矢作陣営の思惑はひしひしと伝わってきます。

 

 

本命候補 ○○○○

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

3000mというすべての3歳牡馬にとって未知の距離となる菊花賞において内の経済コースを通る先行馬はやはり有利で、2016年のエアスピネル、2015年のキタサンブラック、2014年のトーホウジャッカルサウンズオブアースはそのパターンで好走。

この馬はまさにその経済コースを通るキャラクターで、前走神戸新聞杯ではそれが如実に表れての好走。

基本差し有利のそのレースでダービー好走馬たちに肉薄したとなると、菊花賞なら勝ち負けも十分考えられます。

そして何よりそれを馬体重大幅増の余裕残しでやってのけたというので、今回はさらにパワーアップしてきそう。

大混戦の3歳牡馬戦線だけに内でしれっと馬券内に入るこの馬の姿が容易に想像できます。

スポンサーリンク
Pocket