Pocket

 

菊花賞 出走各馬の評価(2)

ブラストワンピース

ダービーでは太め残りでさらに内で包まれるという不運。大型のハービンジャー産駒なのでそうなったのも仕方ないといったところでしょう。

新潟記念からのローテには疑問がつきますが、それでもダービーの苦い敗戦から今回はきっちり仕上げてくるはず。

その新潟記念では古馬相手に快勝で、実力を証明するには十分。

ただ、直線で他馬から離れた大外を通ってきたのは気になるところであまり本番につながる走りではなかったかと。しかも今回は再びダービーと同じ内枠。馬群の中でのレースになるのは避けられない状態。

関東馬という最大の不安材料もつきまといます。

それでもメンバー屈指の能力を持ち距離も問題ないこの馬の上位争いは必至と見ていいと思います。

スポンサーリンク

 

フィエールマン

小回りコースでも勝ち負けできるとおり末脚のキレ味はかなりのもの。

しかし、それが菊花賞で繰り出せるかというとあやしくデビューから1800mのみの出走で距離の幅が効かない可能性もあります。

出遅れる面があるのも不安で、これまでは相手関係や少頭数に助けられましたが相手強化・多頭数の菊花賞ではそれが致命傷になります。

さらに、父ディープに対して母系がヨーロッパ色の強い配合であるのも最近の菊花賞の傾向からはずれており…。

騎手人気はしそうですが、超えるべきハードルは高いように思います。

 

 

アフリカンゴールド

一戦毎に力をつけているのは間違いなく、明け2戦目となる菊花賞ではさらに強くなっている可能性も。

1000万条件勝ちというのは例年なら通用するというのが普通ですが、レベルの高い今年に限っては例外で同タイプの馬が多数。あまり評価できるものではありません。

また、西園厩舎と馬主であるゴドルフィンはともにマイル以下の距離での活躍馬ばかり輩出しており、長い距離が得意とはお世辞にもいえず、大舞台で好走するのは難しいと言わざるを得ません。

 

 

激走大穴候補

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

1000万条件で勝つぐらいの実力がある馬なら通用する菊花賞。

この馬は1000万条件はおろか1600万条件でも勝ち負けをしてきており、能力の高さに疑いようの余地はありません。

ただ先にも書いてとおり今年の3歳牡馬はレベルが高く、1000万条件で勝っている馬が多いのも事実でこの1600万条件好走はそこまで抜けたものでもありません。

それよりも注目したいのは菊花賞得意の池江厩舎

ここ最近ではサトノダイヤモンドサトノノブレスオルフェーヴルフォゲッタブルなどがこの舞台で好走しています。

そしてこれらの馬に共通するのが道中8番手あたりを追走していたこと。

当レースで掲示板あたりに食い込んできた池江厩舎管理馬も、ほとんどがこの道中8番手前後を走っていた馬。

おそらく菊花賞の道中のベストポジションがそこだと考えてのものでしょう。

さらに、その好走馬たちは前哨戦でも8番手前後のポジションにつけており、菊花賞を見据えてのものであることがわかります。

池江厩舎所属のこの馬の前走位置取りは7-9-8-6。明らかに本番の舞台を意識してのもの。好走を期待していいと思います。

母系にもつスピード血統も近年の菊花賞ではベスト。

2歳時にはジェネラーレウーノと同タイムの2着、エタリオウには勝利している本馬。本当にこの予想人気通りならあまりにもおいしすぎるような気がしますが。

スポンサーリンク
Pocket