Pocket

 

菊花賞 出走各馬の評価(3)

エタリオウ

斜行癖でジョッキーを騎乗停止に追い込んできたこの馬。その被害者でもあるデムーロ騎手が今回も騎乗。

癖の強さは前走、右鞭を入れているにも関わらず右に進んでしまうほどで防ぎようのないものと言えます。

GIでは数々の秘策を披露してきたデムーロ騎手ですから今回も何かしらの策は練っているはずですが。

元々は前目競馬や捲る競馬をしていた馬で、ダービーでボウマン騎手が後方からの競馬をしたことで末脚が覚醒。神戸新聞杯でも同様の競馬での好走でした。

その神戸新聞杯は後ろからでも届くレースであるのが特徴。一方で、菊花賞は後ろから行く馬は不利なレース。

となるとここもデムーロ騎手の策が必要になりますが、前目につければ以前のような中途半端な競馬、捲ってもスタミナ切れの不安ありで凡走の可能性も。

斜行癖と脚質の二重苦を能力と騎手でどこまでカバーできるかが焦点になりそうです。

 

スポンサーリンク

 

グロンディオーズ

(ルーラーシップ産駒の特徴 / 距離適性や得意コースと激走条件)の記事でも書いているとおり、ルーラーシップ産駒の得意コースとして挙げられるのが、東京・新潟の直線の長いコース。それはこの産駒たちのエンジンのかかりの遅さが関係しています。

それゆえに、500万、1000万条件での勝利も得意コースだったからという理由がつきます。

そこからの京都コース替わりとなると、条件は好転どころかむしろマイナス

今年の3歳戦において1000万条件を勝った馬は多数おり強調材料とはいえない状況だけに、積極的に買いたい馬とはとても言えません。

 

 

アイトーン

キングズベスト産駒というと、エイシンフラッシュやコスモメドウなど活躍馬は実は距離適性が長距離に振れているのが特徴。

ここまで重賞勝ちはないものの、OP勝ちがありこの産駒としては活躍馬ともいえるこの馬が、実は長距離が得意だったという可能性があってもおかしくありません。

さらに母父にもつスペシャルウィークはトーホウジャッカルやエピファネイア、フローテーションがもっていたとおりこのレースの好相性血統。

血統的な魅力は意外ともっており、この人気なら相手として入れておきたいというぐらいの評価はできる馬です。

 

 

本命候補B

→人気ブログランキングで
中央競馬ランキング

前走、アクシデントにより後方からの競馬を強いられましたが、それにより差し競馬は向かないことがはっきりしたのは収穫。

今回はむしろ思い切って前に行くことができるでしょう。

速い上りを使えない馬だけに前走のような直線追い比べ勝負は苦手で、それを後ろからいったとなるとむしろ強さを見せたといってよいかと思います。

この厩舎が武器とする本番での本気仕上げなら、馬が一変してくることは確実。

結局スタミナがどうかというところだと思います。

それに関しても消耗戦となった皐月賞での走りっぷりを見る限り問題はなさそう。

近年の良馬場菊花賞がスピードに振れているというのも母父フォーティナイナー系のこの馬にとっては好都合。

枠もよく、内で立ち回れば勝機は十分あるでしょう。

スポンサーリンク
Pocket